MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/03/07
  • 遠藤正賢

アテンザ(マツダ6)ワゴンのマイナーチェンジ車を世界初公開!【ジュネーブモーターショー2018】

エンジン・シャシー・ボディの大幅改良で走りが劇的進化

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダ6ワゴン(左)、マツダ6(右)
マツダは3月6日、ミドルラージワゴン「マツダ6ワゴン」(日本名アテンザワゴン)のマイナーチェンジ車を、同日より開催されたジュネーブモーターショーで世界初公開した。
マツダ6(左)、マツダ6ワゴン(右)

内外装は昨年11月にロサンゼルスオートショーで世界初公開された「マツダ6」(日本名アテンザセダン)と同様、「Mature Elegance」をコンセプトに、内外装ともに上質さをより一層磨き上げ、大人の落ち着きを感じさせるデザインへと深化。

マツダ6ワゴンのインテリア

フロントマスクがCX-5と共通のテイストとなるほか、ナッパレザーや栓木(せんのき)を使用したマツダ最上級仕様のインテリアが設定される。

欧州仕様のパワートレインとしては、急速多段燃焼を新たに採用するなど数多くの改良を加え、最高出力を129kWから135kWへ、最大トルクを420Nmから445Nmへ高めた「スカイアクティブ-D2.2」直噴ディーゼルターボエンジン(110kW・380Nm仕様もあり)を設定。

直噴ガソリンエンジン「スカイアクティブ-G2.0」(107kW・213Nmまたは121kW・213Nm)と「スカイアクティブ-G2.5」(143kW・258Nm)も、ピストン形状を変更し新ノズル付き拡散インジェクターを用いるなどの改良を受け、ガソリンパティキュレートフィルターの装着を不要としたほか、「スカイアクティブ-G2.5」にはさらに、40~80km/hの定速走行時に2気筒を休止するシステムを採用し、実用燃費を向上させている。

マツダ6ワゴン

「スカイアクティブ・シャシー」は、よりリニアな挙動と操舵フィールにすべく、ステアリングナックルの取付位置を下げ、リヤハブサポートの形状を変更してリヤサスペンションロアアームの取付位置を高めたほか、フロントダンパーにバンプストッパーを新たに追加しつつ直径を32mmから35mmへ拡大。リヤダンパーにはウレタン製アッパーマウントを採用し、ステアリングギヤボックスのサスペンションクロスメンバーへの取付点をリジッドマウント化するなど、細部にわたり改良の手が加えられた。

マツダ6ワゴン

「スカイアクティブ・ボディ」も、フロアパネルとリヤホイールハウジングの厚みを増したのに加え、パネルの隙間と貫通孔を減らし、センタートンネルには制振材を追加。デザイン変更に伴いよりフラットになったアンダーフロアや改良されたエンジン、ガソリンエンジン車に装着されるアクティブグリルシャッターなどと相まって、車内の静粛性を高めつつ直進安定性向上と実用燃費低減にも寄与している。

マツダ6ワゴン

そして先進安全技術「i-アクティブセンス」も、「360°ビュー・モニター」を新たに設定したほか、「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」を全車速追従に対応。速度制限機能「インテリジェント・スピード・アシスタンス(ISA)」を標識認識機能「トラフィック・サイン・レコグニション(TSR)」に連動可能とし、「アダプティブLEDヘッドライト(ALH)」を片側20分割としてハイビームの照射距離を80m拡大するなど、大幅に進化した。

日本市場にも「アテンザ」として間もなく投入される見込み。2012年のデビュー以来3度目となる今回のマイナーチェンジで、走りがどれほど進化しているか、大いに期待して待ちたい。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る