MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/03/11
  • MotorFan編集部

HK GT公開:ピニンファリーナとHybrid Kineticが生み出すエレガントでエコなGTカー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018 HK GT
2017年ジュネーブモーターショーにてH600高級セダンが世界公開され、同年の上海モーターショーにてK550 5人乗りSUVとK750 7人乗りSUVが公開されてから一年が経った今、ピニンファリーナは香港のHybrid Kinetic (HK) グループと共同で第4のコンセプトカーとなる2018 HK GTを公開した。
HK GTでピンファリーナはイタリアのクラシックなGTカーデザインを踏襲すると同時に、Hybrid Kineticグループの洗練されたアイデンティティを組み合わせている。

官能的な美しさ・パワー・エレガンス。HK GTの外見スタイルを表す言葉はこの3つで十分だ。イタリアの昔ながらの「カロッツェリア」の伝統を受け継いだHK GT コンセプトカーはコンパクトかつ豊満なボリュームやスムーズな表面をそろえており、シャープなラインが際立っている。

HK GTコンセプトカーは2+2タイプになっており、ガルウィングドア形式をとっている。長く、形が整ったボンネットとそこからリアへゆっくりと後退するライン。リアホイールへのラインはまさに往年のGTカーを彷彿させるデザインとなっており、フロントからのクロームの造詣が一層際立たせている。この特徴は2017年に登場したHybrid Kinetic社のシリーズにすでに表れている。

正面から見れば、 “HKグリル” が一新されたデザインで入っている。クローム製のスラットが花びらのように開き最新技術のヘッドライトがマウントされている調和のとれたデザインは惹きつけられるようなカリスマ的なデザインだ。

官能的な美しさ・パワー・エレガンス。HK GTの外見スタイルを表す言葉はこの3つで十分だ。イタリアの昔ながらの「カロッツェリア」の伝統を受け継いだHK GT コンセプトカーはコンパクトかつ豊満なボリュームやスムーズな表面をそろえており、シャープなラインが際立っている。

HK GTコンセプトカーは2+2タイプになっており、ガルウィングドア形式をとっている。長く、形が整ったボンネットとそこからリアへゆっくりと後退するライン。リアホイールへのラインはまさに往年のGTカーを彷彿させるデザインとなっており、フロントからのクロームの造詣が一層際立たせている。この特徴は2017年に登場したHybrid Kinetic社のシリーズにすでに表れている。

正面から見れば、 “HKグリル” が一新されたデザインで入っている。クローム製のスラットが花びらのように開き最新技術のヘッドライトがマウントされている調和のとれたデザインは惹きつけられるようなカリスマ的なデザインだ。

しかし、HK GTはただ綺麗で終わることはない:グランツーリスモカーと、レースカーの二つの性格を持っている。「レースモード」と「クルーズモード」の2つが選択できるのだ。「レースモード」では車内のライトが赤を基調とした色に変わる。運転に集中できるよう、ステアリング前のディスプレイには走行に必要最小限の情報だけを表示し、中央のディスプレイではサスペンションセッティング・加速・コーナリング速度などの様々なパラメターを表示する。一方、「クルーズモード」では車内が青を基調とした色で満たされ、よりリラックスした車旅ができるようになっている。ディスプレイの情報も乗っている人全員が見られるようになっている。
乗客前のダッシュボードには大きなタッチスクリーンがあり、メール・ナビなどのコネクティビティサービスや映画・音楽などのエンターテインメントサービスが得られる。ドアパネルにも大型スクリーンがあり、前席と後席で情報の行き来ができるようになっている。中央のセッティングディスプレイではエアコンなどの車内環境の調整ができる。

HK GTのパワートレインは38KWhのHK スーパーバッテリー、合計出力800KWの4台のPMモーター、それと2速トランスミッションがメインとなっている。このパワートレインによって最高速度は350km/h、それに0-100km加速2. 7秒の性能が出る。また、トルクベクトリングシステムによって各ホイールに内蔵されているモーターに適切なトルク配分が可能だ。同車には回生ブレーキシステムも搭載してある。

HKクリーンエナジー車両は3種類のレンジエクステンダーが選択可能だ。低排出で数種類の燃料をしようできるマイクロタービンジェネレータ。排出ゼロの水素燃料のレンジエクステンダーと、高効率内燃エンジンのレンジエクステンダーの3種類だ。

諸元
• 全長: ………………………………………………….4980 mm
• 全幅: ………………………………………….……… 2000 mm
• 全高: ………………………………………………… 1365 mm
• ホイールベース: …………………………………………………………2975 mm
• ドライブトレイン: ………………… 4輪トルクベクトリング
• パワートレイン: ……………………独立2速モーター
• パッケージ: …………………………………………………… 2ドア4席
• シャシー: …………………………………….. ……………………… アルミ
• 最高速度: …………………………….…………………………… 350 km/h
• 0-100 km/h 加速: ………………………………………… 2.7sec
• モーターの最高出力: ……………… 800 kW以上
• バッテリー…………………………………………………………..38Kwh
• 航続距離(完全EV状態)……………………………160km以上
  (レンジエクステンダー使用時): ………………...… 1000km以上
• 重量配分: …..…………………………………… front52%/rear 48%

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る