MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/03/12
  • モト・チャンプ編集部

ノリックJr.がロードレースに挑戦開始! 「目標はMotoGP。お父さんのようになりたい」

阿部恵斗も全日本J-GP2にステップアップ。ウェビックチームノリックヤマハの2018シーズンから目が離せない!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1994年のロードレース世界選手権(WGP)、日本GP。最高峰500ccクラスでいきなりトップ争いを演じて衝撃の世界デビュー。その後、WGPフル参戦を果たし、優勝3回を記録するなど、日本のロードレース界を代表する選手だった阿部典史さん。不慮の事故によりこの世を去ってから早10年が経とうとするが、その遺志を受け継いだ息子、真生騎(まいき)が今年ロードレースに挑戦を始める。

昨年12月に初めてバイクに乗ったばかり! 思い切りのいい走りは父譲り!?

 14歳の阿部真生騎が所属するのは、ウェビックチームノリックヤマハ。バイク用品の大手通販サイトであるウェビック(株式会社リバークレイン)がサポートするチームで、チーム監督は阿部光雄さん。阿部典史さんの父であり、真生騎のお祖父さんだ。
 真生騎がバイクに乗ったのは、なんと昨年11月22日が初めて。それまでバスケットボール少年だった真生騎だが、そこでバイクの楽しさに目覚めたという。ところが今年1月4日の練習中に転倒して鎖骨を骨折してしまい、早速サーキットの洗礼を浴びてしまう。さらに、まだ完治していない2月10日にはオフロードを走行中に再び転倒し、再骨折するなど、波乱万丈な幕開けとなっている。
 そんな真生騎のロードレースデビュー予定は、6月2日の筑波ロードレース選手権第2戦のJ-GP3クラスだ。まだバイクに乗り始めて数ヶ月、怪我も絶えない真生騎が果たしてどこまで通用するのか? 応援するこちらが心配になるのだが、当の本人はいたって無邪気。とにかく今はバイクに乗るのが楽しくて、ほぼ毎日練習しているそうだ。そして、将来の夢も明確だ。「目標はMotoGP。お父さんのようなライダーになりたいです」と、力強く語ってくれた。

真生騎のヘルメットはお父さんのデザインを継承している。
星と羽の組み合わせは、ノリックファンにとっては感涙もの。

https://youtu.be/MM8ZlzfAbIQ

 どうしても真生騎に注目が集まりがちだが、ウェビックチームノリックヤマハのエースとなるのは阿部恵斗(あべ・けいと)。苗字は同じだが、光雄監督や真生騎とは血縁関係はない。真生騎と同じ14歳だが、9歳からチームに所属して2017年には筑波ロードレース選手権J-GP3クラスでランキング2位になるなど、レース経験は豊富。そして今年はいよいよ、全日本ロードレース選手権J-GP2クラスにフル参戦を果たす。光雄監督によると、恵斗のJ-GP2参戦は3年計画を考えており、2020年にチャンピオン獲得を目指すという。そして2021年にはMoto2へ、その3年後となる24年にはMotoGPライダーへステップアップすることが最終目標だ。

https://youtu.be/RzDbp2XSLeA
もう一人、ウェビックチームノリックヤマハの最年少となるのが青田魁(あおた・かい)だ。まだ12歳だが、今年は筑波ロードレース選手権・S80クラスなどに参戦予定となっている。
チームをまとめる阿部光雄監督。阿部監督はそもそもプロのオートレース選手で、賞金王の座に3回輝いた経験がある。

3名のヤングライダーを擁して2018シーズンに臨むウェビックチームノリックヤマハ。未来のMotoGPライダーを目指して戦う彼らの活躍に期待したい。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る