MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/03/12
  • 遠藤正賢

アウディA1スポーツバックに、ピアノの鍵盤をモチーフにした「ピアニッシモエディション」が125台限定で発売!

「1.0TFSI」をベースに白と黒で内外装をコーディネート、快適装備を充実

このエントリーをはてなブックマークに追加
アウディA1スポーツバック・ピアニッシモエディション
アウディジャパンは1月25日、Bセグメントハッチバック「A1」の5ドア車「スポーツバック」に125台限定車「ピアニッシモエディション」を設定。2月2日に発売することを発表した。
アウディA1スポーツバック・ピアニッシモエディション

イタリア語で「とてもソフト」を意味し、音楽用語としても用いられている「pianissimo(ピアニッシモ)」を車名とする同車は、95ps・160Nmの1.0L直3直噴ターボエンジン+7速DCTを搭載するベーシックグレード「1.0TFSI」をベースに、グレイシアホワイトのボディカラーにブリリアントブラックのコントラストルーフを組み合わせた外装色を採用した。

アウディA1スポーツバック・ピアニッシモエディションのインテリア

インテリアはブラックを基調に、エアコン吹き出し口にグレイシアホワイトのカラードスリーブを、インパネやドアシルトリムなどにアルミニウム調素材を装着。ピアノの鍵盤をモチーフに、白と黒を基調とした内外装に仕立てている。

また、ベース車両ではオプションとなるナビキセノンプラスパッケージ(ナビゲーションシステム、バイキセノンパッケージなど)や、コンビニエンスパッケージ(アドバンストキー、アウディパーキングシステム、シートヒーターなど)を標準装備し、快適性を向上させた。

右ハンドル仕様のみ設定、価格は3,300,000円。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る