MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/03/12
  • 世良耕太

思わず声をあげたくなる加速力。骨太な印象のVWパサートヴァリアントTDIに試乗

いよいよフォルクスワーゲンにディーゼル登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加
パサートヴァリアントTDIハイライン
フォルクスワーゲンのディーゼルモデルが日本にいよいよ上陸した。導入されたのはパサート、2.0ℓに6速DCTを組み合わせて搭載する。とはいうものの、だれもが思い起こす海の向こうで起きた排ガス不正問題。該当のエンジンは今回の導入機とは異なるが、どうしたっていろいろと不安を覚えるのは道理。果たして日本仕様はどのように仕立てられているのだろうか。
TEXT:世良耕太(Kota SERA) PHOTO:MotorFan

「すったもんだがありました」と、婚約を解消した女優が残した1994年の流行語を覚えている「自分をほめてあげたい」(と言ったのは当時の女子マラソンランナーで、1996年だった)。フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル排ガス不正にまつわるすったもんだは2015年のことだから、鮮明に覚えている(昨日のことも怪しいくせに)。

おかげで最新ディーゼルエンジンを積んだVW車の日本導入は、当初の予定より2年ばかり遅れ、2018年となった。「日本国内のディーゼル乗用車市場は2012年以降拡大傾向にある」とVWは分析しているが、大いにマツダのおかげである。VWは尻馬に乗り遅れたわけだ。言葉が悪い。消費者のニーズに応える機会を失ったわけだ。なんともったいないと思ったのは、筆者だけではあるまい。

走りが力強くて燃費がいいし、燃料代がだいぶ安くて懐にやさしいというありがたみが再認識されて、ディーゼルはすっかり市民権を得た。「外国メーカー車の年間総販売台数の2割を超えるシェアを占める」とVWグループ ジャパンは説明している。JAIAのまとめによると、2017年の外国メーカー車の販売台数は306,088台で、前年比+3.7%(20年ぶりの30万台超え)。そのうち、ディーゼルエンジンを搭載する乗用車は+31.4%と顕著な伸びを示したという。

当日のプレゼンテーション資料から

定着したばかりか、まだ伸びているのである。2018年にディーゼルエンジン搭載車を導入したところで全然遅くない。むしろ「今でしょ!」(2013年の流行語。もうやめます)という状況なのだ。

気がつけば17年間もVW車に乗っている筆者は、定期点検などで販売店に寄るたびに「ディーゼルは入らないんですか?」という質問を時候の挨拶代わりにしてきた。あるときは、「いやぁ、それが大変なんですよ。入れるとなったらすべての販売店にディーゼルエンジンを整備できる体制を敷かなければなりませんからねぇ」という旨の回答を受け取ったことがある。

一理ある。だがもはや、VWのような輸入車ブランドにとっては、ディーゼルエンジン搭載車を販売しないことが不利益につながりかねない。「ディーゼルないなら、いいです。ヨソのブランドを買いますから」と言われてもおかしくないのだ(そう言わずに乗り続けている客がここにひとり)。

自動車業界の最新情報をお届けします!

関連キーワード


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る