MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/03/23
  • 「東新宿交通取締情報局」

都内に増殖! チューンドマークXの覆面パトカーは果たして360馬力の豪腕をどこに生かすのか?【交通取締情報】

とりあえず、車高の低いマークXを見かけたら、注意!

このエントリーをはてなブックマークに追加
この1月に東京都は神宮外苑で行われた警察庁の視閲式に練馬ナンバーと八王子ナンバーの2台が参加。
すでに昨年からネット等で話題になっているが、警視庁管轄の交通機動隊に当初4台が配備された覆面パトカー、TOYOTAマークX+Mスーパーチャージャーが、この2月よりさらに増殖し、高速道路や幹線道路で本格的に稼働しているのだ。

まずは、その素性&スペックをおさらいしておこう。

このクルマは130系マークXの3.5ℓ V6エンジン(2GR-FSE型)搭載車にTOM'Sレーシングが開発したスーパーチャージャーと水冷インタークーラー、そして専用ECU、さらに20mm車高ダウンサスペンションをドッキングした、まさにチューンドマークX。ノーマルの318馬力から360馬力へ、42馬力のパワーアップを果たしている。最高速度は推定、250km/hオーバーだ。

そのマークX+Mスーパーチャージャーを昨年、警視庁が4台購入し、さらに11台を追加導入、計15台のスーパー覆面パトカーが、今、都内を徘徊している。(しめて1億円以上!)

実はパトカーには大きく分けて2種類ある。まずは、街中でよく見かけるパトロール用のパトカーは「無線警ら車」と呼ばれ主に各所轄警察署に配備される。それに対して交通違反を取り締まるパトカーは「交通取締用四輪車」と呼ばれ、主に交通機動隊に配備。つまり、この15台が各所轄警察署ではなく、すべて管内の交通機動隊に配備されたと言うことは、マークXは交通取り締まり専用だということだ(視閲式では「暴走族対策用」とアナウンスされていたようだが)。

とはいえ、360馬力あるからと言って、機動力が大幅に上がるわけでもなく、また250km/h以上出るからと言って追尾時に250km/hで追いかけてくるわけでもない。カーチェイスが当たり前のアメリカやスピード無制限区間を擁するアウトバーン等では性能を発揮できるかも知れないが、日本でわざわざ大金(税金)を使って高性能車を導入する意義があるのか、甚だ疑問だ。世間でもそのスペックが大げさに取り上げられ、「すごい! すごい!」の一点張りだが、それほど大騒ぎするほどのことはないんじゃないの?

とにかく、時間とお金を浪費しないように、マークXだろうがフェラーリだろうが、できるだけかかわらずに済むように賢い運転を心がける、これが肝心です。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る