MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/03/16
  • 遠藤正賢

軽自動車用ディスクブレーキパッド「K4」を発売直前に参考出品!【IAAE2018・曙ブレーキ工業】

一般ユーザーだけではなく整備士もブレーキの仕組みを深く学べる「ブレーキ技術教育巡回車両」もPR

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ブレーキ技術教育巡回車両」の展示パネル
ディーラーやカー用品店、整備工場、鈑金塗装工場、ディテーリングショップなどが取り扱う部品・ツール・サービス類の展示会「第16回国際オートアフターマーケットEXPO2018」が3月14日より16日までの3日間、東京・お台場の東京ビッグサイトで開催されている。その中から、大手部品・材料メーカーのアフターマーケットにおける取り組みや、一般ユーザーがクルマのメンテナンスを受ける際に役立つアイテムをピックアップする。

新幹線用等面圧ディスクブレーキパッド

トヨタ、日産、ホンダなど国産自動車メーカーのみならず、マクラーレンにはF1とロードカーの双方に、さらには新幹線N700系をはじめとした鉄道車両、フォークリフトやエレベーターなど産業機械向けにもブレーキ関連部品を供給している曙ブレーキ工業。

AJAJ主催「みんなの楽ラク運転講習会」に出展したブレーキ技術教育巡回車両

同社ではウィングボディのトラックにディスクブレーキやドラムブレーキのサンプルを搭載した「ブレーキ技術教育巡回車両」を所有しており、日本全国のディーラー、整備工場、自動車大学校、自動車関連イベントを巡回。整備士や学生、一般ユーザーに対してブレーキの製造工程や仕組み、ブレーキ整備を正しく行うことの大切さを分かりやすく説明している。

教材用ブレーキ関連部品カットモデル

今回の同社IAAEブースでは、アフターマーケット向け製品そのものは紹介されず、同社が年間240回開催し、延べ受講者数は64,550人に達するという「ブレーキ技術啓発活動」に特化してPR。残念ながら実車は持ち込まれなかったものの、巡回車両の内部を撮影したパネルと、教材に用いているブレーキ関連部品のカットモデルを展示し、同社の整備工場などに対する技術サポート体制の厚さを積極的にアピールしていた。

軽自動車用ディスクブレーキパッド「K4」

一方、ブレーキ関連部品や照明などの販売代理店である大和産業のブースでは、近日発売予定の軽自動車用ディスクブレーキパッド「K4」を参考出品。女性ドライバーをメインターゲットに、ペダルタッチは柔らかめにしながら、初期制動力よりも踏力に対するリニアリティを重視。またダストの発生量を抑え、ホイールが汚れにくいよう配慮したというこのパッドは、乗用・商用問わず大半の軽自動車をカバーしているので、人や荷物を多く乗せたり、坂道を走る機会が多い軽自動車オーナーは試してみてほしい。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る