MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/03/17
  • 遠藤正賢

最近のスパークプラグは締め付けがキツくても緩くてもダメ、斜めに締めれば絶縁体が割れてしまう!?【IAAE2018・NGK/NTK(日本特殊陶業)】

スパークプラグやイグニッションコイル、O2センサーに関する予防整備・予防交換の重要性を啓発

このエントリーをはてなブックマークに追加
スパークプラグ脱着VR体験
ディーラーやカー用品店、整備工場、鈑金塗装工場、ディテーリングショップなどが取り扱う部品・ツール・サービス類の展示会「第16回国際オートアフターマーケットEXPO2018」が3月14日より16日までの3日間、東京ビッグサイトで開催された。その中から、大手部品・材料メーカーのアフターマーケットにおける取り組みや、一般ユーザーがクルマのメンテナンスを受ける際に役立つアイテムをピックアップする。
予防整備・予防交換啓発パネル

NGK、NTKの名で知られるセラミック関連製品大手の日本特殊陶業は、かねてより自動車関連の展示会へ精力的に出展しており、同社が主力とするスパークプラグやイグニッションコイル、O2センサーに関する予防整備・予防交換の重要性を啓発し続けている。

今回のIAAEでは主に整備士の来場客向けに、スパークプラグ脱着VR体験と、オシロスコープを用いた新品プラグと劣化プラグとの電圧比較デモを新たに展開した。

スパークプラグの締めすぎによるネジ切れ
締め付けトルクの弱すぎによる端子折損

同社によれば、スパークプラグを適正なトルク・角度で取り付けていないケースが散見されており、締め付けトルクが強すぎればネジ切れや異常燃焼を起こし、弱すぎればネジの緩みによる端子折損や異常燃焼を起こす原因になっているという。

スパークプラグの形状の変化

また、スパークプラグはエンジンの進化に合わせて年々細く長くなっており、プラグレンチのソケットがプラグに当たるなど衝撃が加わった際に絶縁体が割れやすい傾向にある。

スパークプラグの正しい締め付け方

そのため、プラグを適正なトルクで、かつ斜めに傾けず垂直に締めるよう、これまで以上に注意する必要があることを強く訴えている。

新品プラグと劣化プラグとの電圧比較。グラフ上が新品、下が劣化品

オシロスコープを用いた新品プラグと劣化プラグとの電圧比較デモでは、プラグが劣化すると電圧のピーク値が高まることを実証。シリンダー内の加圧下では今回披露されたグラフ以上に電圧が高まり、火花が横方向へ逃げてしまうため燃費が悪化することを示していた。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る