MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/03/18
  • 遠藤正賢

歌舞伎デザインにシーケンシャルウィンカーもある「オールLEDリアコンビネーションランプ」はレクサスRXを凌ぐ存在感!【IAAE2018・小糸製作所】

事故低減アイテムとしてタクシー会社も採用する「LEDホワイトビームNEO」も出品

このエントリーをはてなブックマークに追加
「オールLEDリアコンビネーションランプ」。左から「歌舞伎デザイン」、「3連タイプ」、「2連タイプ」
ディーラーやカー用品店、整備工場、鈑金塗装工場、ディテーリングショップなどが取り扱う部品・ツール・サービス類の展示会「第16回国際オートアフターマーケットEXPO2018」が3月14日より16日までの3日間、東京ビッグサイトで開催された。その中から、大手部品・材料メーカーのアフターマーケットにおける取り組みや、一般ユーザーがクルマのメンテナンスを受ける際に役立つアイテムをピックアップする。
「LEDホワイトビームNEO」装着イメージ

大手ランプメーカーの小糸製作所は、トヨタ・レクサスをはじめ世界中の自動車メーカーにヘッドランプ・テールランプなど各種自動車用ランプを供給しており、世界初のLEDヘッドランプが先代レクサスLSに採用されたことでも知られている。


そんな同社は、アフターマーケットにもランプ製品を展開しており、乗用車向けには純正交換用バルブだけではなく、純正ハロゲンヘッドランプ交換用LEDバルブ「LEDホワイトビームNEO」などの用品バルブも数多くラインアップしている。

「LEDホワイトビームNEO」本体およびパッケージ

今回のIAAEに出品していた「LEDホワイトビームNEO」は、H4タイプおよびH11タイプのバルブを設定。色温度はそれぞれ6700K、6500Kと高めながら、車検に対応するのはもちろん、ホワイトの発光色で明るさと視認性を大幅にアップさせる。そのため個人ユーザーのみならず、事故低減に役立つアイテムとしてタクシー会社など法人ユーザーでの採用例も多いという。

また、トラック向け汎用タイプの「オールLEDリアコンビネーションランプ」シリーズには、同社が乗用車向けOE製品で培った技術が満載。シーケンシャルウィンカーはもちろん、歌舞伎の隈取りをイメージした面発光テールランプを内蔵する「歌舞伎デザイン」や、クリアまたはレッドのL字型テールランプを内蔵する「3連タイプ」「2連タイプ」は、現行レクサスRXも顔負けの派手さで、装着すれば道行く人から注目を集めること間違いなし、だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る