MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/03/23
  • AUTOSPORT編集部

F1開幕、2018ニューマシンへの期待度を勝手にランキング

技術ウォッチャー津川哲夫による新車インプレッション

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年のF1世界選手権はオーストラリアGP(3月25日決勝)にて開幕。技術規定の大改革から2年目を迎える2018年シーズン、全10チームの新車を見た津川氏が、独断で期待度を順位づけする。

2018年F1の見どころは、やはりドライバーの戦い。昨年チャンピオンのルイス・ハミルトン(メルセデス)が連覇となれば自身5度目のタイトルとなり、ファン・マヌエル・ファンジオの記録に並ぶ。それを阻むのは誰なのか? 
 
そんなドライバーたちのバトルを大きく左右するのが、チームが独自に開発する車体+パワーユニットの総合力だ。2015年からパワーユニット供給でF1に復帰しているホンダは、昨年かぎりでマクラーレンと離別。今季から新たにトロロッソとタッグを組む。
  
最初に断っておきたいのは、これはコンストラクターズ順位の予想ではなく、あくまで個人的な期待度に基づくランキングであるということだ。残念ながら期待度の低いチームから、順に紹介していこう。
  
10位:ウイリアムズ FW41   
新車を見る前から、ファンへの裏切りを強く感じた。マシンに誇りを持ち、ドライバーは実力で選ぶという信念は遠い昔の話。ペイドライバーに頼るチーム運営に、もはやフランクの頑固な闘志は欠片も感じられない。空力コンセプトなど大きな変更もなく、今季レギュレーションに対応しただけの進化型。質実剛健ではなく、現状維持の保守と感じてしまうのが残念だ。

9位:ルノー R.S.18 
ワークス活動3年目。ワークスにしてはテンポが遅く、チームの信頼感を取り戻すのが第一義。対レッドブル、対マクラーレンに政治的圧力を使わず、戦うことを期待したい。向上はしているが、速度が遅いため他チームの開発速度に追いつけていない。車体性能よりもドライバー頼みという状況では「ワークス」の看板が泣く。

8位:マクラーレン MCL33 
自らを窮地に追い込んでしまった。2017年に「業界一の車体」と豪語した以上はレッドブルやワークスルノーに負けるわけにはいかない。パワーユニットをホンダからルノーに変えたところで、どれほどトップコンテンダーに迫れるのだろうか。大きな疑問だが、マシンそのものはスマートに仕上がっているので、きちんと走れば、それなりのパフォーマンスは見せてくれそうだが……。

7位:フォース・インディア VJM11 
それなりに攻めの姿勢は認めるが、期待したほどの独創性は見せてくれなかった。新車を見る前より、大幅に期待度ダウン。今季トレンドと言える、シャシー後方の絞り込みはフォース・インディアの得意技だったが今季は至って普通。どこかでトップ3チームを喰ってしまうかもしれないと期待していただけに若干、不満だ。

6位:ザウバー C37 
フォース・インディアとは逆に、新車を見て期待が高まった。アルファロメオのブランドを冠して、チームの軸が安定。アップ・ビートな雰囲気に乗って、かつてのザウバーらしい自由な発想での開発が始まっている。フェラーリ製パワーユニットもギヤボックスも最新型に。昨年までのネガティブ要素は見当たらず、上昇への期待度は高い。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る