MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/04/15
  • MotorFan編集部

かろうじてレガシィとフィットとわかるけど…レプリカカー展示で見つけたこだわりマシン2選 MOTOR SPORT JAPAN2018

2100年のラリーレプリカ&レプリカ痛車という新境地

このエントリーをはてなブックマークに追加
4月14日お台場で開催されたのモータースポーツジャパン2018。モータースポーツファン垂涎のコンテンツ盛りだくさんの会場の様子を現地からレポート!
TEXT & PHOTO◎石川順一

ダイバーシティ前の公園にずらりと並んだラリーやレースのレプリカカーたち。いずれも高いクオリティで本物と見まごうものばかりだったが、なかには独自のアイディアで来場者を驚かせるマシンも。そんないい意味で尖っている面白マシンを紹介したい。

1 レプリカ痛車という新境地 スバル・レガシィ850

ボルボがイギリスツーリングカー選手権を勝ち抜くべく1995年に送り出したのがボルボ850サルーンBTCCバージョン。そのレーシーなペイントをレガシィのツーリングワゴンで再現したという。

しかもそれだけでなく、美少女キャラのステッカーがところどころにちりばめられており、かなり存在感を主張している。とはいえ、その置き方も850のデザインをあまり崩さないようになっているのは見事。レプリカ痛車という新しいカテゴリーを築いていきそうだ。

2 2100年のラリーレプリカ!? 魔改造フィット

フィットだということはわかるが、もはや何のレプリカかはわからないくらいカスタムされたこのマシン。あえて言うなら未来のラリーマシンを先取りしたというところだろうか。外装を覆う数々のカスタムパーツやステッカーを見ていると、プレモデルかラジコンのカスタムなんじゃないかという錯覚に陥ってきそうだ。魔改造もここに極まれり。

車内にはスマホやディスプレイが設置されており、あえて後付け感を残すことでレトロフューチャーなカッコよさを醸し出している。黄色を基調にまとめられたダッシュボードも外観と一体感があっていい。ちなみに車体はすでに33万キロという走行距離を超えているというから、これだけでもオーナーの愛を感じる。

ただ再現するというだけでなく、オーナーならではの愛やこだわりが付加されるとこんなにも面白いマシンができあがるのだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

関連キーワード

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る