MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/04/15
  • MotorFan編集部

新旧比較 新型を待つか? スバル新型フォレスター vs 現行フォレスター

スバル・フォレスター、新型を待つか、熟成の現行最終型か

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型フォレスターが搭載する2.5ℓ直噴NAエンジン、FB25DI

現行フォレスターのパワートレーンは、
2.0ℓ水平対向4気筒DOHCのFB20+リニアトロニックCVT
2.0ℓ水平対向4気筒DOHCターボのFA20+リニアトロニックCVT
の2種類だ。

発表された新型のパワートレーンは
2.5ℓ水平対向4気筒DOHCのFB25+リニアトロニックCVT
である。
FB25は、直噴化された新型で最高出力は182ps。現行の2.0ℓのFB20(こちらは直噴ではなくPFI)は148psである。

FB25DI
排気量:2498cc
ボア×ストローク:94.0×90.0mm
圧縮比:12.0
最高出力:182ps/5800rpm
最大トルク:240Nm/4400rpm
燃料タンク容量:63ℓ
トランスミッション:リニアトロニックCVT

この2.5ℓのFB25DI(直噴化されたFB25を便宜上こう呼ぶ)が、新型フォレスターのスタンダードエンジンになるのだろうか?

現行フォレスターも北米仕様ではスタンダートエンジンが、最高出力が170hpのFB25(PFI)だった。上級仕様がFA20(2.0ℓ水平対向4気筒DOHC直噴ターボ)を搭載する。

北米でも、いずれFA20を搭載する新型フォレスターが登場するのだろう。排気量を2.4ℓとした新しいFA24型というエンジンも、アセントに搭載しているから、新型フォレスターが搭載する可能性があるのは、
北米仕様では
2.5ℓNA(FB25DI)に加えて
2.0ℓ直噴ターボ(FA20DIT)と
2.4ℓ直噴ターボ(FA24DIT)
があるということになる。

国内仕様についての発表はないが、
現行フォレスターと同じく
2.0ℓのNAエンジン(FB20)と
2.0ℓ直噴ターボ(FA20DIT)と
2.5ℓのNAエンジン(FB25DI)
になるのだろうか?
ただし、2.0ℓNAのFB20は、現行のPFI(ポート噴射)圧縮比10.5の最高出力148ps/6200rpm、最大トルク196Nm/4200rpmではなく、直噴仕様、圧縮比12.5の最高出力154ps/6000rpm
、最大トルク196Nm/4000rpmのものになるはずだ。
2.0ℓの直噴ターボはラインアップされず、2.5ℓのNA(FB25DI)と2.0ℓのNA(FB20+マイルドハイブリッドの2仕様になるという噂もある。

マイルドハイブリッドがどのような仕様になるのか、も楽しみだ。48V化されたマイルドハイブリッドなら燃費も大きく向上しそうだ。

プラットフォームから一新された新型フォレスターと熟成の現行フォレスター。サイズアップもほとんどなく、SGP採用でおそくら大きく走行性能とインテリアの質感をアップした新型を待つ、というのがお勧めだが、走り重視のターボモデルが欲しいなら、現行モデルを選ぶ、というのもアリだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る