MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > トヨタ > セリカ > MR2、ソアラ、セリカXX! トヨタ80年代の車を一気に紹介したムックが発売!
  • 2018/04/19
  • MotorFan編集部 松永 大演

MR2、ソアラ、セリカXX! トヨタ80年代の車を一気に紹介したムックが発売!

4月23日発売 「モーターファン別冊 80年代トヨタ車のすべて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
初代MR2。スポーツカーというよりも、シティ・ラナバウトという位置付けが当時っぽい。レイアウトは横置きFFユニットをそのままリヤに配置した、極めて合理的な発想。
何かと注目される1980年代。今とはちょっと違う、強烈なバイタリティを感じる。そんな時代の象徴でもあるのが、80年代の国産車。この時代から、日本には独特なクルマの文化が芽生え始めていたのかもしれない。
とにかく、コンセプト、メカニズム、デザインのそれぞれが見逃せないのが80年代なのだ。このムックはそんな時代のトヨタ車を一挙紹介する特集号!MR2、ソアラ、セリカXXなど、突出した個性を持った車種を紹介しよう。
こちらは、目次をちょい見せ。やはり80年代のトヨタ車を代表するのは、初代ソアラ。ちなみに2代目ソアラは86年生まれ。

 1980年代で注目されるトヨタ車といえばたくさんあるが、中でも注目だったのは1981年に登場した。初代ソアラ。車は贅沢品と見られていた時代、2Lエンジンでも贅沢なのに、ソアラは直列6気筒の2.8LエンジンをDOHC化。当時自主規制として145ps以上出さなかったのに、170psなんて破天荒なパワーを誇示。2ドア専用ボディというのも極めて贅沢だった。こんな時代の幕開けから、80年代はさらに加速していった。

セリカXXは2代目が登場。ラグジュアリー路線からガラッとイメージが変わった一因にソアラの登場があった。

セリカXXは1981年に2代目となった。ラグジュアリーだった初代から大きく変わり、よりスポーティに。この後はスープラに車名変更。ソアラの登場によって、セリカの名に即したスポーティ路線を強化する存在となった。Aピラー以降を4気筒のセリカHBと同デザインにするものの、ソアラ同様に直列6気筒2.8LのDOHCエンジンを搭載。圧倒的なパフォーマンスを誇示。

これはほんのイントロダクション、83年登場のAE86レビン/トレノは元より、クレスタを生んだ伝説のマークII・3兄弟など、今はブランドの消滅した名車も続々登場。

そして89年には、セルシオが登場。ここから北米ではレクサスという新ブランドが生まれた。しかし日本ではその存在も難しく、クラウンという大御所ブランドとの立ち位置もあり、まずクラウンV8が登場してからセルシオが発表されるなど、いかにも日本的な事情も見え隠れした時代でもあった。 

初代MR2は84年の登場。2シーターという、スーパーカーのような異例のパッケージ。それを合理的メカニズムで構成したのもすごい。

いずれにしても、技術的にもある程度世界を見据えられるようになり、追いつく時代から個性を発揮するべき時代に舵を切り出せたのが80年代。それだけにこれまでの禁を破り、より個性的な提案型のクルマが続々と登場してきた時代。同時に日本向け、世界向けとニーズに合わせたクルマ作りが明確になってきたのも80年代。
この時代から、日本には独特なクルマの文化が芽生え始めていたのかもしれない。

とにかく、コンセプト、メカニズム、デザインのそれぞれが見逃せないのが80年代なのだ。


80年代トヨタ車のすべて (モーターファン別冊)
4月23日(月)発売

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る