MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. オデッセイ

HKSの車高調「ハイパーマックス」シリーズがリニューアル!快適さを向上した2種類のラインアップ ホンダ オデッセイをスタイリッシュにローダウン!(動画) HKSの車高調「ハイパーマックス」がフルモデルチェンジ

  • 2018/04/24
  • スタイルワゴン・ドレナビ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイパーマックスSスタイル「L」を装着したオデッセイ(RC1)

ミニバンローダウンユーザーから絶大な支持を得ているHKSの車高調シリーズ「ハイパーマックス」がついにフルモデルチェンジ。スタイリッシュなローダウンと快適な乗り心地を高次元で実現させたニューモデルをオデッセイ(RC1)に装着して動画で解説。

オデッセイのローダウン、スタイルと乗り心地を追求

ホンダ・オデッセイをスタイリッシュに乗るならやはりローダウン。そうイメージするユーザーは多いはずだ。ただし、車高下げると乗り心地が…という心配も当然あるだろう。そんなオデッセイ乗りに朗報、絶妙なバランスと快適な乗り心地を実現したHKSの車高調シリーズ「ハイパーマックス」がフルモデルチェンジして登場だ。新しくなった「ハイパーマックス」はどう変わったのか?RC1オデッセイのデモカーによる解説を動画で見てみよう。

「L」と「C」ニーズに合わせた2種類のラインアップ
HIPERMAX S style L
■価格:17万8000円(税別)
※RC1オデッセイの場合
HIPERMAX S style C
■価格:14万5000円(税別)
※RC1オデッセイの場合

ハイパーマックスのローダウン向けシリーズのSスタイルには「L」と「C」の2種類がラインアップされている。どちらも全長調整式のモデルだが、「L」は減衰力30段調整付きなのに対して、「C」は減衰力が固定となっている。

乗り心地の細かいセッティングを楽しめる「L」に対して、「C」はHKSが入念に導き出した「固くもなく、柔らかくもない」最適なセッティングとなっているので、どちらも快適なドライブを楽しめるはず。

また、今回大きくリニューアルされたポイントは「プリロードバルブシステム」や「M4P」といったNKS独自の技術を採用したダンパーシステムにある。その仕組み、効果からロードインプレッションまで、動画でくわしく解説している。

オデッセイ(RC1)前後31ミリダウン

工場出荷状態での取付けだとこの車高となる

Sスタイル「L」を装着したオデッセイ(RC1)のデモカーの場合は、前後31ミリダウンにセッティングされている。これはHKSの工場出荷状態なので、そのまま装着するとこれぐらいの車高となる。もちろん車高調なので幅広くセッティングを楽しむことができる。調整幅はフロントで4ミリダウンから74ミリダウン、リアで10ミリダウンから62ミリダウンとなっている。

ローダウンしたオデッセイのインプレッション動画

HKSのオデッセイ(RC1)デモカーに乗って高速道路を走行。外からも撮影しているので、足まわりの動きが良くわかるはず。

動画では製品の細かい説明から、車高調整の方法、スタイリングや実際の乗り心地などを開設している。絶妙にローダウンされたオデッセイの魅力を感じてほしい。

(ドレナビ)

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ