MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/10
  • 「東新宿交通取締情報局」

空からの目にも注意!? 2018年度スピード取り締まりの傾向と対策! 追尾編【交通取締情報】

ヘリコプター、高性能車、レーザーパトの導入で、戦力ますますアップ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
速度取り締り検挙数の大半を占めるのがネズミ捕り(非定置式速度取締)とパトカーや白バイによる追尾だ(固定式オービスは数%)。まず、ネズミ捕りの方は新型可搬式オービスの導入などで取り締り効率のアップが図られているが、追尾の方もフェアレディZやカスタムマークXなどが交通機動隊のパトカーに採用され、さらにヘリコプターによる空からのパトロールも本気度を増している。警察が一丸となって2020年までに交通事故死者数を2500人に減らすという目標を達成すべく動いているだけに、スピード違反のみならず、事故につながりやすい交通違反の取り締まりが、今後も強化されていくことは間違いない。

☆パトカー編 注意散漫運転は禁物!

■空飛ぶパトカー(?)


 静岡県警が新東名高速の110km/h制限試行区間で、ヘリコプターとパトカーのタッグにより交通違反の摘発を行っていることは当サイトで既に報告したが、この4/27、今度は群馬県警も県内の高速道路でヘリコプターによる交通取り締まりをスタートさせた。

 その取り締まり方法は静岡県と同じく、ヘリコプターが空から交通違反車を発見し地上で待機しているパトカーが該当者を追尾し、検挙あるいは指導を行うというもの。関越自動車道、北関東道、上信越道がその対象となった。

 今後、このヘリとパトカーの連携取り締まりが全国的に波及していく可能性は十分あり。ただし、取り締まられる方にとっては追尾となんら変わらないので、従来通り、後方確認を忘れずに!

■レーザー式ユニット搭載パトカー

こいつはレーダー式速度計測ユニットを搭載した、いわゆるレーパト。北海道に多く出没する。

 レーダー式速度計測システムを搭載したパトカーは、北海道に多く出没しているが、数年前から計測システムをレーザー式に換えたレーザーパト(200系クラウン)が出現。国道脇の空き地などに隠れ、走行車を狙っているようだ。
 ちなみに、前からでも後ろからでも計測可能。レーダー探知機が効かないからやっかいだ。ただし、レーパと同様、かなり距離のある車内から窓越しの視認になるので誤認の可能性が大きい。交通量の少ないエリア向きといえるので、単独走行時は特に注意!

◆NEWS TOPICS 栃木県警がR35GT-Rを広報車として導入!

R35GT-Rの導入を予感させるような栃木県警HPのタイトルバック。で、このクルマは一体なんだ?

 おっとびっくり、栃木県警がどうやらR35GT-Rをパトカーとして導入するらしい。まっ、いわゆるスポーティカーのパトカー導入はさして珍しいことではないし、R32~34のGT-Rパトなら、全国各地でよく見かけるし、つい最近も警視庁がトムスによってカスタムチューンされた130系マークXを15台購入し、管内の交通機動隊に配備するなど、警察のスポーツカー好きはなにも今に始まったことではない。

 とはいえ、R35GT-Rの導入は全国初なはず。R35といえば同じGT-RであるR32~34に比べて車格は明らかに上。価格も1000万円を遥かに上回り(R32~34は一部特別仕様を除けば1000万円以下)、もはやスーパーカーと言っていい。警察もおいそれと手が出せるクルマではない。ところが、なんと最高価格車である「GT-R NISMO」(新車本体価格1850万円)を購入したというからビックリ、なのだ。

 ただし、その費用は警察の予算ではなく、県民からの寄付金で賄われている。たぶん、地元のライオンズクラブやロータリークラブなどの類の社会奉仕団体からの寄付によるものだろう。さすがに諸費用込で2000万円は超えるクルマだけに、交通取り締まりではなく、交通安全をアピールする広報車として活用されるというのもうなづける話だ。

だから運用が変わらない限りこのR35GT-R NISMOに追いかけられることはないと思うが、果たしてこのスーパースポーツを白黒パンダ色に塗り替えちゃうのか、デビューが待ち遠しいね。

☆覆面パトカー編 高性能車導入で機動力アップ! 観察力が回避の決め手だ!

警視庁の管内交通機動隊を主に15台投入されたTOYOTAマークXの覆面パトカー。スーパーチャージャーなどトムス製パーツでチューニングされ、360馬力を発生する。
最近、よく見かけるの日産ティアナの覆面パトカー。こちらは213馬力を発生するV6の3.5ℓエンジンを搭載。

「8ナンバーでおやぢ色のクラウンかセドリック」という覆面パトカーの常識(?)が、すっかり通用しなくなった今日この頃。未だにボディカラーは白とかシルバーが多いものの、ふつーのクルマに混じっちゃえば見分けがつかないことこの上ない。車種もクラウン、レガシイ、レクサス、スカイラインetc.と千差万別だし、警視庁のマークXのように純正チューンドカーまで登場したとあってはもうお手上げだ。

 お世話にならないようにするための秘訣は、いわゆる観察力。それなりに飛ばしている時は前後左右に気を配り以下の注意事項を意識して欲しい。
1.前席に制服&ヘルメットの男2人が座っていないか。
2.高速道路やバイパスのICやPAからの流入路に不審なクルマ(スポーティセダン)が止まっていないか。
3.走行している地域のナンバーが付いているかどうか(基本的に警察には縄張りがあり管轄地域以外で取り締まりをすることはない)。

 他にもいろいろあるが、この3つを抑えておけばとりあえず安心だ。とにかく、怪しいと思ったら減速してクルマを観察すること、これが肝心です。 

☆白バイ編 視覚と勘を研ぎ澄ませ! 

 一時、受傷事故の可能性が高いということで、白バイによる高速道路での取り締まりは自粛されていたようだが、最近は首都高や東名高速でパトロールしているのを頻繁に見かけるようになった。

白バイの1番怖いところは、パトカーに比べて遙かに小さく目立たないということと持ち前の加速力。それこそ隠れる場所はいっぱいあるし、機動力の高さから、狙われたらまず100%逃げ切れないということ(逃げ切っちゃだめ!)。

 注意ポイントは交差点や高速道路のインターチェンジ、合流地点等はパトカーと同じだが、さらに側道や電柱の陰等、身を潜める場所があるポイントなどにも気を配りたい。反対車線にいてもUターンしてくる場合もある。観察力と第六勘を磨くしかない。

 とりあえず目を付けられないように、上記の注意ポイントを通過するときは必ず減速すること。これだけではかなりのリスクヘッジになるはずです!

最新交通取り締まり情報はこちら!

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る