MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/01
  • MotorFan編集部

跨って記念撮影もOK。アメリカンからスーパースポーツまで最新バイクが大集合!【モーターファンフェスタ2018】

2,000万円以上のMotoGPレプリカ・RC213V-Sも!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年4月22日、富士スピードウェイで開催されたクルマの祭典、モーターファンフェスタ2018では、バイク系イベントも盛り上がっていました! 展示ブースでは、国内外から幅広いメーカーが並び、いくつかの車両では跨って足着きやポジションを確かめたり、エンジンをかけてエギゾースト音を聞くことも。(PHOTO&REPORT:石川順一)

モーターファンフェスタの見どころはクルマだけじゃありません。バイクも日米メーカーからよりすぐりのマシンが勢ぞろい。
アメリカからは代表格のハーレーダビッドソンとインディアンが屋外展示を開催。スタンダードなアメリカンやクルーザーに加え、最近流行りのボバースタイルまで幅広いモデルが一堂に会し、バイク好きのハートを鷲掴みでした。憧れのバイクに跨ってポジションを確認したりと、カッコよさを実感している方の姿も。


国内メーカーはピット内で人気モデルを展示。ヤマハはエッジの効いたデザインで人気のMT-07とMT-10を、ホンダはつい先ごろフルモデルチェンジを迎えたゴールドウイングに加え、アフリカツインとCBR-1000RRと幅広いラインナップを揃えていた。

とりわけ注目を集めていたのがRC213V-S。価格はおよそ2,000万円、わずか300台の限定販売と、国内にはわずかしか存在していないこのMotoGPレプリカに、直に触れて跨ってみることができるというまたとないチャンス! 時間帯によってはエンジンをかけ、スロットルを開けることもできたので、サーキットを駆け抜けるイメージを膨らませたり……。マルク・マルケスやダニ・ペドロサ気分に浸れる贅沢なひと時だったに違いありません。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る