MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/14
  • MotorFan編集部

べスパらしからぬ!? 漆黒のスプリント150ABSカーボンが限定発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
かわいらしさで女性ファンも多いベスパだが、角形ヘッドライトによるシャープでスポーティなイメージが人気のベスパも存在する。それがスプリント。なかでもス"最もスポーティな特別仕様車"として設定されたスプリント150ABSカーボンが国内20台限定で発売される。
TEXT●大家伝(OYA Den)

ベスパ・スプリント150ABSカーボン……498,000円

実はお値打ち! 限定モデルが登場!

 現在のベスパの主力モデル、プリマベーラの兄弟車でもあるスプリント。プリマベーラの女性ウケする優しく愛らしいデザインとは打って変わって、角型ヘッドライトを採用したシャープなシルエットが特徴のスポーティバージョンだ。
そんなスプリントに、よりスポーツムードを高めた限定仕様が登場だというのだから興味が湧く。発表では"ベスパ・スプリントの最もスポーティな特別仕様車"という触れ込みだ。

 まずはベースとなったスプリントについておさらいしておこう。ベスパが市販当初から採用しているスチールモノコックボディはスプリントにも受け継がれているので、いわゆるボディの大半は叩くと鉄だとわかるもの。そのボディだが、基本的にはプリマベーラとの共通ボディだ。なのでこの2機種は兄弟車ということになる。イタリア本国で展開される排気量バリエーションはスプリントもプリマベーラも50cc、125cc、150ccをそろえるが、日本国内では50ccと125ccをプリマベーラが受け持ち、高速も利用できる150ccをスプリントが担っている。

 さて、それではスプリントの新たな特別仕様車をチェックしてみよう。発表内容では「スチールボディと革新的なカーボン・ルックのディテール、ボディサイドやホイールの一部に配置された深紅のデカールがその名前にふさわしいスポーティなスタイルを強調」とあり、全体的にブラックなトーンでまとめられた中に差し色として入る要所の赤が効いている。
搭載されるのは3バルブのI-getエンジン。パワフルかつ経済的であることを念頭に開発され、始動性向上と振動およびノイズ軽減でなめらかな回転フィールを持つ155ccエンジンだ。これにABS、イモビライザー、USB給電ポート、電動シートロック解除ボタンを備えるなど、装備も納得の充実ぶり。
 ほかにもカーボン調ステアリングコラムカバー、カーボン調コンビネーションスポーツシート(レッドパイピング、レッドステッチ、シングルシート風デザイン)、レッドサイドストライプ、ブラックペイント×レッドストライプデカール入り前後ホイールといった専用装備が目につく。ここまでの豪華装備が施されながら、プライスは通常モデルから12,000円高の498,000円とかなりのお得感だ。5月28日より限定20台のみの販売となり、悩んでいるヒマはなさそうである。


自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ムーニー粘度
ムーニー粘度計(ムーニービスコメーター)を用いて測定した未加硫ゴムの粘性の値を...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る