MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/14
  • MotorFan編集部

7000rpmで過激なキャラが顔を出す!! CB1000R試乗レポ/ホンダ

最新電子制御を搭載するスプリントツーリング向けの実力派!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディテール解説

フロントフォークはショーワ製SFF-BF(セパレート・ファンクション・フロントフォーク)の倒立式を採用。左側にはダンピング、つまり減衰力調節機構を採用。伸び側と圧側それぞれを好みの硬さに調節できる。
フロントフォークブラケット部トップエンド右側の写真。右側フォークは減衰機構を持たない構造とし、スプリングのイニシャル調節のみできる。
10ピンでフローティングマウントされたφ310mmのディスクローターをダブルで装備。ラジアルマウントされたキャリパーはTOKICO製の4ポットモノブロックタイプ。コンパクト軽量なABSモジュレーターはNissin製だ。
プロアームと呼ばれた片持ちスイングアーム方式を採用。マスの集中化を図られたフレームとの組み合わせで、抜群のロードホールディングを発揮。リヤタイヤは190-55偏平の17インチを履く。ブレーキはφ256mmのシングルディスクと2ポットキャリパーの組み合わせ。
リヤのモノショックは分離加圧式。ダンパー室内のオイルとガスが混ざらないような構造とし、ダンピング特性の安定化が図られている。赤いスプリングは、高強度材料の使用で従来比で300gの軽量化を実現。
いかにも斬新なフロントマスクを提供するLED式ヘッドライト。エクリプスシェイプと呼ばれるラウンドするラインを基本としたデザインが印象深い。
細く短くシャープにフィニッシュするリヤエンド。やはりLED式のテールライトは、二重構造のレンズを使用しフロントと同様にエクリプスシェイプが演出されている。
モード切り替えスイッチも左手に集中レアウトされている。スイッチボックス左端、グリップ側にある小さなスイッチはグリップヒーター用で、5段階もの温度調節が可能だ。
右側のハンドルスイッチはシンプル。赤いスイッチひとつでエンジンキルスイッチとスターターボタンを兼ねるタイプだ。
セパレートされたリヤフェンダーデザインも異彩を放つ。写真は片持ちスイングアームで支持されるライセンプレート。
体重移動がしやすい。シートデザインには作り手のコダワリが感じられた。オプションでシングルシートカウルや、より上質なアルカンターラシートも用意されている。
キーロックを解除すると取り外しできるリヤシート。シート下にはETCが装備されていた。もちろんカード挿入の有無を示すETCパイロットランプもメーター内にセット済み。

■主要諸元■

通称名 CB1000R
車名・型式 ホンダ・2BL-SC80
全長×全幅×全高 (mm) 2,120×790×1,090
軸距 (mm) 1,455
最低地上高 (mm) 138
シート高 (mm) 830
車両重量 (kg) 212
乗車定員 (人) 2
最小回転半径 (m) 3.0
エンジン型式・種類 SC80E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列4気筒
総排気量 (cm3) 998
内径×行程 (mm) 75.0×56.5
圧縮比 11.6
最高出力 (kW[PS]/rpm) 107[145]/10,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 104[10.6]/8,250
燃料消費率
(km/L) 国土交通省届出値 定地燃費値(km/h) 22.5(60)<2名乗車時>
WMTCモード値 (クラス)※6 16.7(クラス3-2)<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 16
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2.538
2速 1.941
3速 1.578
4速 1.363
5速 1.217
6速 1.115
減速比 1次/2次 1.604/2.933
キャスター角(度)/トレール量(mm) 25°00´/100
タイヤ 前 120/70ZR17M/C (58W) 後 190/55ZR17M/C (75W)
ブレーキ形式 前 油圧式ダブルディスク 後 油圧式ディスク
懸架方式 前 テレスコピック式(倒立サス) 後 スイングアーム式(プロアーム)
フレーム形式 ダイヤモンド

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る