MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/19
  • MotorFan編集部

スバル新型フォレスター、マツダCX-5、三菱エクリプスクロス 最新SUV、どれを選ぶか? 比べてみよう

サイズ、小回り性、パワートレーン、燃費、航続距離

このエントリーをはてなブックマークに追加
予約が始まったスバルの新型フォレスター
世界的なSUV人気もあって、魅力的なSUVが次々と登場する。最新モデルと言えば、スバル・フォレスター、三菱エクリプスクロスなどがすぐに思い浮かぶ。マツダCX-5も人気だ。小さすぎない、大きすぎないサイズのSUV。モデルによってどんな特徴があるのだろうか?

比べてみればいろいろわかる

 いま注目のSUVと言えば、新型フォレスターだ。SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)として初の本格SUVとして開発され、パワートレーンにもe-BOXERと呼ぶモーターアシスト機構を組み込んだモデルをラインアップした。

 フォレスターについては、別の記事も参照していただきたい。

まずはサイズ ほどよい大きさはどのモデル?

 スバル、マツダ、三菱の重要モデル3車種のなかで、フォレスターは、e-BOXER搭載の「Acvance」を、エクリプスクロスは、FFモデルのGのFF、CX-5はディーゼルエンジン搭載のXDのFFモデルを選び出した。

フォレスター Advance全長×全幅×全高:4625×1815×1730mm ホイールベース:2670mm
エクリプスクロス G 全長×全幅×全高:4405×1805×1685mm ホイールベース:2670mm
CX-5 XD(FF) 車両寸法 全長×全幅×全高:4545×1840×1690mm ホイールベース:2700mm

 車重はどうだろう?
フォレスター Advance:1640kg
エクリプスクロス G:1480kg
CX-5 XD(FF):1610kg

 フォレスターは、AWDで、なおかつモーター+リチウムイオン電池を搭載している分、やはり重い。CX-5もディーゼルエンジン搭載モデルを選んだので、FFと言えども、1.6t超えになる。

最小回転半径は? 

 最小回転半径はどうだろう? 最小回転半径でクルマ選びをする人はほとんどいないだろうが、小回りは効くにこしたことはない。
フォレスター Advance:5.4m
エクリプスクロス G:5.4m
CX-5 XD(FF):5.5m
 
 とほぼ同じである。

エクリプスクロスはAWDもFFも最小回転半径は5.4mで同じ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る