MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/22
  • 「東新宿交通取締情報局」

SCOOP!! あの燃えた(!?)新型オービス復活!!【交通取締情報】

本体価格3,000万円オーバー! 高価な(たぶん)修理代は、誰が出すの?w

このエントリーをはてなブックマークに追加
復活したセンシスSSS。上部に新たに監視カメラが設けられた。
2月初旬に、何者かの放火(埼玉県警談)によってフロントパネルに損傷を負った、国道17号線上り北本(埼玉県北本市)の生活道路対応の新型オービス、センシスSSS。3mのポール上ということで、悪戯(放火)は考えにくく、もしかして内部バッテリーの加熱?と推測する向きもあったが、埼玉県警交通指導課によると、やはり放火だったらしい(既報)。あれから3ヶ月、この5/18、偶然、修理場面に遭遇した!
放火直後。黒いからわかりにくいかもしれないが、カメラ部分が真っ黒に焦げて(溶けて)いたのだ
フロントパネルの交換装着作業中 (内部本体ユニットは取り外し済み)
内部本体ユニットセット状態!背面に冷却ファンユニットが付いている。

ポールに固定する作業用の専用脚立まであるのだ!
夕方4時過ぎには再生&スタンバイ!

 遭遇したのは午前11時ごろ。ちょうど作業員がオービスのポールに作業台を取り付け、燃えたフロントパネルを交換している最中だった。たぶん、国内でセンシスSSSをパテント生産している沖電気工業(株)の担当係員なのだろう。

 パネルの交換ー取り付けが終わり、内部ユニットをセットすると、唯一「Sensys Gatso Group」(センシスSSSの製造メーカー)のベストを着用した作業員が本体とパソコンを接続し、本体の照準などをセッティング。修理は午後4時に終わり、見事、復活を果たしたというわけだ。

 それにしても気になるのが、この修理(交換?)にいったいいくらの費用がかかったのか、ということだ。本体価格は3,000万円といわれ、価格は同等だがLHやHに比べて運用コストが低いということも導入の動機のひとつなのに、ほとんど全取っ替えに等しい今回の修理代は、本体価格に迫るのではないだろうか。まさに本末転倒だ。

 ちなみに、作業員の話では、新たに監視カメラが背後のポール上部に取り付けられた(速度監視カメラに監視カメラ?w)ということなので、今後、悪戯はなおさら、御法度ですよ。

最新交通取り締まり情報はこちら!

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る