MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/23
  • HYPER REV編集部

梅本まどかのハイパーミーティングレポート~熱いユーザーが集まるミーティングエリアに大興奮~

次回のハイパミは、6月3日(日)に宮城・スポーツランドSUGOで開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 全国のサーキットで開催されている「ハイパーミーティング(※以降ハイパミ)」。
 私も2017年から筑波でのハイパミにゲストとして参加させていただいていますが、クルマ好き、カスタマイズ好き、レース好き、レースクイーン好きな皆さんが一日楽しめる、本当に楽しいイベントです。
 ちょっと遅くなりましたが、3月18日に筑波サーキットで行われたハイパミ2018の様子をお伝えしましょう。

 まず筑波サーキットに到着して、まず眼の前に黄色いスイフトスポーツがたくさん並んでいてびっくり! 
 駐車場のあちこちで同じ車種の車が並んで止められていたんですが、黄色のスイフトはとても目立っていましたね。
 外で仲間同士お喋りしている人から車の中で待機している人など様々に時間を使っている様子でした。
 皆さんのクルマをじっくり見せて頂くと、同じ車種なのに全然違う事に驚きました!
 みなさんごそれぞれが自分仕様にカスタムされていて、見ているだけでも楽しかったです♪
なかにはピカチュウのスタイルにしている方もいらっしゃいました。車内にはコイキングなどもいるみたいで、そんな新しい車の楽しみ方に圧倒されてしまいました。

 86エリアにもお邪魔したんですが、個人的には86のお顔が好きなので86がたくさん並んでいる姿を見ることができて嬉しかったです!

 スバルエリアには、まさに青い車がずらりと集合。さすがスバルユーザー!と思いましたね。そんななか、一番印象的だったのは奥にズラーっと綺麗にななめに駐車してあったエクシーガ!
 そして、オーナーの皆さんが、クルマの前に丸く椅子を並べてみんな座っている!
 初めて見る光景にホントにびっくりでした!
 お話を伺ってみるとみなさんとても優しく、お茶会をされていたみたいなんですが、私も混ぜて頂けることに!
 なんとお菓子とコーヒーを御馳走になりました。
 お話しをきくといつもこうしたミーティングをやられていて、こうしてみんなで集まってワイワイされるのが楽しみなんだそうです。
 さすがファミリーカーに乗るみなさん‼︎
 綺麗に斜めにとめられているところに、仲の良さと車好きさが現れていて、素敵だなと思いました。
 最初に着いた人から次の人を誘導して駐車されるみたいなんですよ!

 ハイパミの楽しさは、このミーティングエリアの充実度だと思いますね。
他にもいろいろ書きたいのですが、書いてると止まらなくなりそうなので、次の話題に。
 私は、オープ二ングステージと梅本まどかトークショー、山野選手と新井選手のトークショーとエンディングステージに参加させて頂きました! ドライビングについていろいろなお話しを面白く話すタイプの真逆なお2人。笑いもありながら、お勉強にもなりとても貴重な時間でした。
たくさんの方に来て頂けてトークショーはあっという間に感じました。

 ここで印象に残っているのは梅本まどかトークショーでMCの勝又さんに走ったりしてレースをするとお勉強になると教えて頂けたり、ラリーのお話しをした事。
 実は、ここで三栄書房の渡辺さんにラリーの話題を振っていただき、「コ・ドラをやってみたい」とお話したところ、後日私のこの発言を覚えていただいていたのか、クスコ・ジュニアラリーチームからお声掛けいただいて、TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジに参戦させて頂けることになったのです!
 正直凄くびっくりしたんですが、このトークショーがなかったら実現していなかったので、本当に感謝の気持ちと嬉しい気持ちでいっぱいです。

 そしてそして、楽しかったことはたくさんあったのですが、感動したのは山野哲也選手に同乗走行をさせて頂けたこと!
 乗る前は凄くドキドキしていたんですが、乗ったらドキドキしていたのが嘘みたいな安心感。
 シートに吸付けられるように景色だけが回っているという、とても不思議な感覚でした。
 山野選手のドライビングを助手席から見ていたんですがホントに安定した角度の切り方と滑らかさ。
 こんなスペシャルなドライビングを間近で見れ、体感できたことはホントに宝物です。

 この日はさらに、同乗走行させて頂くとともに、STIさんがLEVORGを貸して下さり、フルコースを走る事ができました♪
 久しぶりに走る筑波サーキットは楽しくもっともっと走りたくなりました!
やっぱりサーキットで走るのは格別!楽しいですね♪

 あとこの日はブースもいろいろ見て回ったんですが、特に印象に残っているのはホイールのRAYSさん!
 いろんなホイールが置いてあり、オシャレな物からシンプルな物まであったんですが、私が手にしているホイールは特にびっくり。よく見ると色んな所にも穴が空けられている加工がキレイ。そして、軽い‼
見た目もかっこよく、軽く、インパクトのあるホイールにびっくりしました!

いろいろ歩きまわったあとに、BRIDEさんのシートに座らせていただきました。ぴったり体がフィットするので楽ちんです。

ドリフト車両のタイヤが「ハの字」型に角度が付いていてびっくり。

カラーリングがおしゃれなD2さんのブレーキ(キャリパー)です。

D Languageさんのキャンギャルさんおふたりとも背が高くて綺麗な方でした。

HKSさんのマフラーの軽さの秘密を教えていただきました。

カーステーションマルシェのサカモトさんです。

スイフトのチューニングで有名なアールズの松野さんに、パーツをいろいろ教えていただきました。お説教を受けているわけではありません(笑)

TONEさんのブースで工具を物色。見ているとほしくなりますよね。

STIさんにもホイールのことを色々とお聞きしました。

トラストさんのデモカー、かっこいいですね。おススメはオイルだそうです!

エアロで有名なVARISさんは、出たばかりのシビックタイプRのエアロを展示されていました。

 さて、次回は6月3日日曜日に宮城・スポーツランドSUGOで『ハイパーミーティング2018 in スポーツランドSUGO』が開催されます。
 今回もたくさんの走行コンテンツや、スバル車・86&BRZ・旧車・オプションキャラバンエリアなど、皆さんのクルマが主役になるエリアがたくさんありますね。
 初心者向けのスポーツ走行があったり、私もぜひ参加したかったのですが、今回はスケジュールの都合で欠席です。でも、MCの鈴木学さんが盛り上げてくれるので、皆さん楽しみにしていてくださいね。

文:梅本まどか 写真:雪岡直樹

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る