MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/24
  • MotorFan編集部

44万円は高い?安い? 原付らしからぬ超本格派「CB125R」試乗レポ/ホンダ

水冷SOHC単気筒、前後17インチラジアルのスポーツミニ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ディテール・クローズアップ!

φ41倒立フォークと17インチホイールを組み合わせた、125ccクラスには豪華すぎる足周り。
ブレーキにはφ296mmのウェーブ形状ハブレスフローティングディスクとラジアルマイウント式のブレーキキャリパーを採用。
分離加圧式を採用し、ピストンバルブの大径化を図ったリヤサスペンションを採用。
新設計のスイングアームは剛性としなやかさをバランスする高張力鋼板製。
コンセプトである「NEO SPORTS CAFÉ」を体現したLEDヘッドライト。
コンパクト設計のテールランプは二重レンズで立体的な光を演出する。
ハンドルバーは路面情報が伝わりやすいテーパータイプ。
スピードメーター、バータコメーター、ギヤポジション等を表示するマルチメーターを装備。
足着きの良さに直結するスリムなシート。タンデムシートはかなり小ぶり。
タンデムシートの下にはわずかな収納スペースを設けている。

■主要諸元■

通称名:CB125R
車名・型式:ホンダ・2BJ-JC79
全長×全幅×全高 (mm):2,040×820×1,055
軸距 (mm):1,345
最低地上高 (mm):141
シート高 (mm):815
車両重量 (kg):127
乗車定員 (人):2
最小回転半径 (m):2.3
エンジン型式・種類:JC79E・水冷4ストロークOHC単気筒
総排気量 (cm3):124
内径×行程 (mm):58.0×47.2
圧縮比 :11.0
最高出力 (kW[PS]/rpm):9.8[13]/10,000
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm):10[1.0]/8,000
燃料消費率※3(km/L):国土交通省届出値 定地燃費値※4(km/h)
 53.0(60)<2名乗車時>
:WMTCモード値(クラス)※5 47.2(クラス1)<1名乗車時>
燃料供給装置形式:電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 :セルフ式
点火装置形式 :フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 :圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L):10
クラッチ形式 :湿式多板コイルスプリング式
変速機形式:常時噛合式6段リターン
変速比:1速3.454、2速 1.941、3速 1.450、4速 1.173、5速 1.041、6速 0.923
減速比:1次/2次 3.350/3.133
キャスター角(度)/トレール量(mm):24°12´/90
タイヤ:前 110/70R17M/C 54H 後 150/60R17M/C 66H
ブレーキ形式:前 油圧式ディスク 後 油圧式ディスク
懸架方式 :前 テレスコピック式(倒立サス) 後 スイングアーム式
フレーム形式:ダイヤモンド
■製造事業者/Thai Honda Manufacturing Co., Ltd.  ■製造国/タイ  ■輸入事業者/本田技研工業株式会社

※3 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※4 定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
※5 WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る