MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/26
  • CAR STYLING編集部 松永 大演

セリカのフロントを延長して誕生 初代セリカXX

名車アーカイブ/初代セリカXX-1978年

このエントリーをはてなブックマークに追加
1977年に登場した二代目セリカ・リフトバックのフロント部分を延長したのが初代セリカXX。
二代目セリカ登場時点では、まさか3ナンバーのセリカが登場するとは夢にも想像できなかったが、北米ではより上質なGTモデルが望稀ていた。そして誕生したのは、セリカとは全く性格の異なるラグジュアリーなモデルだった。
延長したフロントは、大柄のリヤセクションとよくバランスし、まさにXXのために開発されたかのようだ。

 このセリカXXは日本市場においては、セリカとは全く異なる車として捉えられるが、この製品の本命は北米市場。(車名はスープラ)初代セリカは北米のポニーカーをヒントに開発されたもので、とりわけマスタングの世界観が大きく影響した。日本ではこのコンセプトが多いにあたり大ヒットを記録したのだが、北米市場を見据えた時に4気筒エンジンではあまりに小さい印象があった。基本はV型8気筒であり、最低でも6気筒は欲しい。

 そんな中で登場したのが、日本名セリカXXだったのだ。北米進出も踏まえて、フェアレディZの競合車として捉えられがちだが、果たしてそうだったのか。

ベースとなった2代目セリカ・リフトバック。トヨタのカリフォルニアに設立したデザインセンターCALTY(キャルティ)での最初の作品。コンパクトスポーツに高いユーテリティの魅力を付加したモデル。

 ベースとなった二代目セリカは、初代同様にクーペとリフトバックをラインナップする。このリフトバックとは、ハッチバックのことだがトヨタは独自の世界観を表現して”リフトバック”と名乗っていた。XXはこのリフトバックのフロントセクションを130mm延長することで誕生した。

 デザインはともにトヨタのカリフォルニアのデザインセンターであるCALTY(キャルティ)で、このデザインセンターが立ち上げられ製品として最初の仕事となった。

 面白いのは作り分けの見事さで共通部品を多用しながら、スポーツ性を明確にするセリカに対して、XXはラグジュアリーさをしっかりと表現できている点だ。明確に異なるのはヘッドライト、リヤコンビランプ、そしてハッチゲートの造形。これらによってロングノーズのXXは、よりしっとりとした大人のGTをも演出できた。

第22回東京モーターショー(1977)では、CAL-1というコンセプトカーとしてセリカXXボディが出品された。

 このセリカXXは、発表の前年の第22回東京モーターショーで、コンセプトカーとして紹介されていた。ラグジュアリークルーザーとして、大きなGTが日本でどのように受け止められるかのリサーチだっただろうが、フロントの造形はほぼ生産型であり、その印象についても調査したものと思われる。

 しかし見事なのは、リヤセクションを改造してリフトバックを感じさせないことで、この時点では何をベースとしているのか全く分からないことだ。XXだということは今だからこそわかる話で、全くブランニューのモデルという感じがしていたのではないだろうか。(歴代セリカXX/スープラのすべて 5/26発売 より)

モーターファン別冊 歴代セリカXX/スープラのすべて 5月26日発売

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る