MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/27
  • MotorFan編集部

[CB250R緊急試乗]ライバルより20kg以上軽い!だから27psでもメチャ速い!

新世代CBシリーズ 試乗レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月8日にCB125Rと共に発表され、5月22日に新発売されたばかり、話題のCB250Rにいち早く試乗。CB250R=単気筒、ヤマハMT-25(166kg)/カワサキZ250(170kg)=2気筒といったエンジンの違いはあるが、ネイキットスポーツと比べて20kg以上も軽量に作り上げられたボディは、他を圧倒する実力を見せつけた。
REPORT●近田茂(CHIKATA Shigeru) PHOTO●山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

ホンダ・CB250R ABS……554,040円

 CB-Rシリーズの入門クラスとして位置づけられるCB125RとCB250Rの車体関係は基本的に共通の仕上がりだ。フレームはハイテン鋼のパイプと鋼板を組み合わせた構造で新開発されたダイヤモンド式。主要部品のレイアウトも含めて剛性分布を追求しマスの集中化とクラス最軽量を実現。高い運動特性を誇ると言う。
 搭載エンジンは水冷DOHC4バルブ単気筒。ボア・ストロークは76×55mmというショートストロークタイプで、最高出力は27ps/9000rpmを発揮。注目すべきは、ツインエンジンを搭載するCBR250RRと同じ最大トルクの2.3kg・mを、それより3000rpmも低い8000rpmで発揮していることだろう。しかも車重は21kgも軽い144kgしかない。これを聞いただけでもワクワクしてくるだろう。

単気筒らしい分厚いトルク感

 実際、走り始めるとエンジンの吹け上がりは実に歯切れが良い。いかにも内燃機関らしく燃焼室内で弾けるように活発なエネルギーがピストンを着実に押し下げる単気筒ならではの鼓動感を覚え、活き活きとした走りが小気味よい。エンジンとミッションは基本的に旧CBR250RやCB250Fと共通ながら、その走りっぷりはまるで別物であるかのよう。レッドゾーンは1万500rpmからだが、それをも超えて1万1000rpmの領域に難なく飛び込んでいく伸びの良さも痛快だ。
 6 速ミッションは各ギヤの繋がりも良く、シフトタッチも含めてスムーズで快適なシフトワークが楽しめる。発進時から柔軟な出力特性が活き、渋滞路のノロノロ走行から郊外のワインディングロードや高速道路まで誰にでも扱いやすく、かつ楽しく走れた。そう言えばメーカーの資料にあった、「日常の移動をアソビに変える」というキャッチコピーを思い出し、あながち嘘ではないと思えたのが印象的。ちなみにローギヤで5000rpm回した時の速度はメーター読みで25㎞/h。トップギヤ100㎞/hクルージング時のエンジン回転数はおよそ6250rpmだった。

 車体はカチッとシッカリ感があり、ややワイドに感じられるハンドルも相まって、操縦性はとても軽快。クィックにかつ素直に向きを変えて行ける扱いやすさも良い。ダンロップスポーツマックス(ラジアル)を履くタイヤのグリップ力にも安心感がある。筆者の体重が軽いせいもあるが、唯一前後サスペンション共に初期の作動具合が硬めに感じられたが自由自在に扱える感覚は魅力的だった。

 スマートでコンパクトながらも、タンクやマフラーの造形など、各部の肉付きが良いデザインはなかなか格好が良く、跨がった時の印象も決して華奢ではない上質な仕上がり。バイクの楽しさを満喫する上で、素直におすすめできる1台と思えた。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る