MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/06/14
  • ニューモデル速報

スズキ・スイフトスポーツの使い勝手を徹底チェック!

MotorFan.jp使い勝手シリーズVol.3 『SUZUKI SWIFT Sport』

このエントリーをはてなブックマークに追加
コックピットまわりに施されたレッド加飾やMIDのブースト計、サポート性を高めた独自のシートを採用するなど、インテリアでも「スポーツ」であることを強調。スズキ車初となる車線逸脱抑制機能や全方位モニターも用意された。
取材車のプロフィール SWIFT Sport ボディカラー:チャンピオンイエロー4 オプション:セーフティパッケージ、全方位モニター用カメラパッケージ、Panasonicナビ(販売店オプション) ※一部カットは6速AT車を撮影しています。

スポーツマインドを刺激する専用装備

加速に優れるクロスレシオの6速MT

スイフトスポーツは今どきのクルマとしては珍しくMTの販売比率が高い。カッチリとしたシフトフィールやヒール&トーがしやすいペダル配置など、スポーツ走行するドライバーの期待を裏切らない運転環境に注目だ。

各所にあしらわれるレッドの加飾

ステアリングやシフト周辺のステッチに加えてパネルでも赤を強調してスポーティ感を演出。特に新しい手法となるグラデーションパネルは広範囲におよび、従来のどのスイフトに比べてもインテリアの演出は派手である。

運転席まわり レッドの加飾が盛り上げるストイックなコックピット

基本的な形状は標準車を踏襲しているが、標準車自体がフラットボトムのハンドルを備えるなどスポーティな雰囲気を持ち、ドライバー側に5度傾けたセンターパネルなど操作性も高いのが特徴。スイフトスポーツはパネルやステッチなどに赤い挿し色を添えてよりスポーティさを強調。運転環境ではメーター、シフトノブ、ペダルなどが専用デザインだ。

回転計を赤、速度計をシルバーに塗り分けたデザインが個性的。アナログメーターがゼロ垂直指針(0を示す際に針が6時付近を指す)は針の動きを大きくして視覚的なスポーティ感を強調する演出だ。速度計は220㎞/hの標準車に対して260㎞/hまで刻んだ専用品。中央には液晶カラー画面を配置する。

左側にオーディオ&メーター内液晶の切り替えスイッチを組み込む。操作性の良いトグル式だ。
ステアリング右側にクルーズコントロール(セーフティパッケージはなんと追従式!)。

ステアリング下は左にハンズフリー通話や発話スイッチを配置。
右には標準車にはないスイッチを配置。これはスズキ初採用となった車線逸脱抑制機能の作動スイッチだ。

6速MTのギヤボックスは標準車と異なるため、シフトフィーリングも別物。スポーツドライビングに相応しい、よりカッチリとした感触を楽しめる。リバースは6速の脇で、入れる時はノブ下のリングを引き上げる。

2ペダル車は6速ATを採用

ブーツを組み合わせたストレートゲート式。前進レンジは「D 」と、変速を意のタイミングで行なう「M 」のみ。ノブのサテンメッキ装飾が標準車との違いだ。
パドルシフトを標準装備。スポーク裏固定式でコンパクトな形状だが、ハンドルを握ったまま指先を動かすだけで変速できる。

AT 車でもステンレス製ペダルプレートを標準採用する。ブレーキペダルは大きいが、アクセルペダルはMT車と同形状だ。

居住性&乗降性 フロントは独自のバケット形状でホールド性に優れる

先代に比べ着座位置を20㎜下げ、運転姿勢をローポジション化。専用設計シートを採用するのは従来通りで、サイドサポートが補強されている。

クッションスプリングや座面パッドも専用品となり、着座時の包み込まれる感じが心地良い。ハンドルは40 ㎜の上下と60㎜の前後調整が可能。

後席の広さとシート形状は標準車と同様だが、表皮がスイフトスポーツ専用となる。広さはコンパクトカーとしては標準的な水準で、大人ふたりが快適に座れるだけのスペースを備えており、着座姿勢も適正だ。シートは3名掛けにも配慮したフラットな形状である。

フロントシートは標準車と比べて座面左右の張り出しが大きくフレームも入っているが、乗降時はほとんど気にならない。

乗降性はクラスの平均水準を超えている。Aピラーが立っているし比較的後席まで天井がフラットだから頭上が広めなのがポイントだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る