MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/31
  • MotorFan編集部 山田 俊輔

[遂に詳細公開] 中身もこだわりが満載でした! 新型125ccスクーター「スウィッシュ」/スズキ

なぜ10インチ? 小径タイヤを採用した理由も判明

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンステージ上の装備が多数

 実用性の高さが求められる125ccスクーターのカテゴリーにおいて、今回のスウィッシュは「便利」を徹底的に追求している。
その一つが、28ℓに容量を拡大した収納スペースである。アドレスV125ではシート下後方に設けられていた燃料タンクをフロアボード下に移設。これまでフルフェイスヘルメット1個がギリギリ収まる程度の収納スペースが、レインウエアといった+αの荷物も収まるようになった。

 またキーシリンダー横に配置された電源ソケットは、今まで防水性の面から採用を見送られてきたUSBソケットをスズキ製バイクとして初めて装備(Vストロームなども電源はDCタイプである)。
 灯火類にもこだわりの装備が満載で、ヘッドライト、テールランプ、ポジションランプにはLEDを採用。さらに左手側のスイッチにはパッシング、右手側のスイッチにはハザードランプを装備し、細かな部分の利便性にも配慮されている。

ヘッドライトのハイ/ロースイッチには、パッシング機能も加えられている。
125ccクラスのスクーターには珍しいハザードランプのスイッチも標準で装備。その下のスタートボタンは、ワンプッシュでエンジン始動可能な「スズキージースタートシステム」を採用する。

冬向け装備のSWISH LIMITEDもスタンバイ

 9月21日にはこのスウィッシュをベースに、走行風から手元を守るナックルバイザーと、電熱効果で指先を温めるグリップヒーター、臀部を温めるシートヒーター(温度調節はサーモスタッドが行う)を標準装備するスウィッシュリミテッドも発売が開始する。
「真冬もガシガシバイクで移動する」という方には、このポカポカ仕様が救世主となってくれることだろう。


ディテール解説

ヘッドライトとポジションランプにはLEDを採用。ヘッドライトを両サイドからダクトで挟み、GSX -Rシリーズのイメージを演出している。
キーシリンダー右にUSBポート(定格5V1A)を装備する。
500㎖のペットボトルが2本収まるフロントインナーラックと、カバンホルダーの積載重量はそれぞれ1.5kgまでと十分。
シート下トランクの容量は28ℓとかなり広め。後端側の底面に隆起がある。
ヒンジ部分左右にヘルメットホルダーを1つずつ装備する。
スウィッシュは台湾でも先行発売されており、台湾仕様車はリヤスポイラーを採用。一方の日本仕様車は写真のとおりリヤキャリアを装備し、積載量は6kgまでとなっている。
フル液晶ディスプレイにはスピードメーター、タコメーター、オドメーター、トリップメーター、燃料計、時計を装備。
上下のチューブ状のLEDがテールランプ。その中央部分の粒状のLEDがブレーキランプとなる。

170cmで足着きチェック

770mmという一般的なシート高だが、170cmのライダーがまたがるとかかとが浮いた状態に。
かかとが浮くのはシート両サイドがぷっくりと幅を持っているためと思われる。ただし、ふくらはぎ部分のフロアボードがシェイプされているので、さっとましたに足を下ろせるのは高ポイント。

■主要諸元■

型式 2BJ-DV12B
全長 / 全幅 / 全高 1,830 mm / 690 mm / 1,095 mm
軸間距離 / 最低地上高 1,250 mm / 120 mm
シート高 760 mm
装備重量 114 kg
燃料消費率 国土交通省届出値:定地燃費値 51.0 km/ℓ (60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 50.1 km/ℓ (クラス1) 1名乗車時
最小回転半径 2.0 m
エンジン型式 / 弁方式 AF11・強制空冷・4サイクル・単気筒 / SOHC・2バルブ
総排気量 124 cm3
最高出力 6.9 kW 〈9.4 PS〉 / 7,000 rpm
最大トルク 10 N・m 〈1.0 kgf・m〉 / 6,000 rpm
燃料供給装置 フューエルインジェクションシステム
始動方式 セルフ式
潤滑油容量 0.8 ℓ
燃料タンク容量 5.5 ℓ
クラッチ形式 乾式自動遠心シュータイプ
変速機形式 Vベルト無段変速
フレーム形式 アンダーボーン
ブレーキ形式(前 / 後) 油圧式シングルディスク / 機械式リーディングトレーリング
タイヤサイズ(前 / 後) 100/90-10 56J / 100/90-10 56J
乗車定員 2名
排出ガス基準 平成28年国内排出ガス規制に対応

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ムーニー粘度
ムーニー粘度計(ムーニービスコメーター)を用いて測定した未加硫ゴムの粘性の値を...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る