MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/06/07
  • ニューモデル速報

三菱自動車、ミニキャブトラックに誤発進抑制機能を標準装備

軽商用車「ミニキャブトラック」一部改良

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミニキャブトラック「M」
三菱自動車は軽商用車「ミニキャブトラック」を一部改良し、6月7日より販売を開始する。

誤発進抑制機能(前進・後退時)を全車に標準装備

 三菱自動車は軽商用車「ミニキャブトラック」を一部改良し、2018年6月7日(木)から販売を開始すると発表した。改良の内容は予防安全技術の搭載で、ミニキャブトラックには「e-Assist[誤発進抑制機能(前進・後退時)]」が全車に標準装備されることになる。

 「e-Assist[誤発進抑制機能(前進・後退時)]」は、車両前後の各2箇所に設置されたそなーにより障害物を検知し、前進時と後退時の衝突被害を軽減する機能を備え、安全性を向上させている。

 全車に660ccの直列3気筒DOHCエンジンを搭載し、「M」グレードには5速MTと3速AT、2WDと4WDを設定する。「G」グレードは5速MTと3速ATの設定はあるが駆動方式は4WDのみ、「みのり」グレードはの5速MTと4WDの組み合わせのみとなっている。車両本体価格は87万1020円(「M」5速MT/2WD)〜122万7960円(「G」3速AT/4WD)だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る