MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/06/20
  • HYPER REV編集部 雪岡直樹

ハイパーミーティング in SUGOで出会った熱きスバル車オーナーのこだわりをご紹介~その3~

HYPER MEETING 2018 in SUGO『SUBARU Meeting』全参加車チェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加
多くのスバル車が集結した
2018年6月3日にスポーツランド菅生で行われた、HYPER MEETING 2018 in SUGO。
6月とは思えないような暑さと絶好のオフ会日和の中、
SUBARU SPIRIT主催でSUBARU Meetingが行われました。
急遽開催されたミーティングでしたが、東北地方を中心とするたくさんのスバリストが集まってくれました。
スバリストカメラマンの雪岡氏が、参加してくれた全31台を徹底取材。
全4回に分けて全車を掲載します。

ビックベア共にドライブを

あうと。「ND5RC&GRF」さん

STI30周年を記念したビックベアと共に登場したあうと。
「ND5RC&GRF」さん。今後とも真面目なクルマ作りをして欲しいのと、MT車をSTIだけでなくいろいろなクルマで出して欲しいと願っているという。
愛車のGRFは基本的にノーマルを貫いて、素性の良さを楽しんでいる様子だ。

PROVAのワイドミラーは純正よりもワイドになっており広く後方が見えるのと、イエローによって目にも優しいのが良いところだそうです。
EZリップは厚みがあってボリューム感を出すのにちょうど良いサイズだそうです。多少擦ってしまっても平気なのが良いところだそうです。

USの雰囲気を醸しつつオリジナルアウトバックへ

ばーるすさん

ノーズブラやビレットグリルを装着するなど、USな雰囲気を醸し出しているアウトバック。
アーバンセレクションのグレードの通り街中にあうスタイリングとなっている。
ターボ・ワゴン・MTというレガシィの良さを継承するクルマが出てきてくれれば乗り換えも検討するけど、そうでなければ、乗り続けていきたいそうだ。

今まではアウトバックのグリルを付けていたけど、リベラルのビレットグリルとノーズブラでUSな雰囲気を作り上げている。
リベラルのイーグルアイは2台目。中のベゼルをブラックアウトして引き締まった仕様になっている。

東北でのスバルイベント期待しています

かすごえさん

東北ではスバルのイベントが少ないので楽しみに来ました!という、かすごえさん。
見た目はLehrmeister LM-S FS15のホイールとHKSハイパワースペックL程度だが、マウントやエアインテークダクトのカバーを交換するなど見えない部分をこだわって交換っしているそうだ。

1.6のエアインテークダクトから2.0のエアインテークダクトへ交換するなど、見えない部分を交換するマニアックなポイントを突いている
HKSハイパワースペックLはスーパーターボマフラーと違いレーシーな雰囲気を作り上げている。

ブルー・ゴールド・ブラックとスバルらしいカラー

咲樹さん

レーシーな雰囲気に仕上がっているGDB-F型インプレッサ。
そのインパクトを作っているのがトラスト製のリップスポイラーだろう。
CROSS SPEEDのブラックとゴールドのホイールと相まって独特の雰囲気になっている。

トラスト製のリップスポイラーは他に見ない迫力あるスタイル。厚みのボリュームと前へのせり出し具合がとてもレーシーだ。
モモ製の小径ディープコーンステアリングがやる気を感じさせるインテリア。筑波で行われたハイパーミーティングで買ったオクヤマ製の4連メーターフードも。

思い入れたっぷりのレガシィ

クリシン8・みわぽんさん

ニューポートブルーパールカラーのレガシィに一目惚れで、埼玉まで買いに行ったし、結婚式でも一緒に写真を撮るなど、そのスタイルとカラーにゾッコンだ。
16万キロ乗ったが乗り換える気持ちは全然湧かないそうだ。
これからもスバルらしいクルマを出して欲しいという。

レカロSR-7 AdvancedEditionを左右で揃える。MT車とも相まって走るのがとても楽しくなったという。
リベラル製のバンパーとグリルと装着。グリルと前期スペックBホイールはマットブラックに自家塗装してバランスを取っている。

このボディサイズがちょうどいい

まえけん・みきてぃさん

サテンホワイトパールのボディとブラックのホイール、リアスポイラーのブラック部分と、スタイリッシュな雰囲気になっているBM9レガシィ。
昔のSTIみたいなちょっとやんちゃなスポーツパーツを出して欲しいという要求も。

レガシィと言えばマッキントッシュオーディオ。オーディとしての性能とインテリアのスタイルがお気に入りだ。
リアスポイラーはオプションの純正品の上に汎用のスポイラーを装着。ブラックな事でアクセントと引き締め効果が見える。

スバルユーザーあるある、グレード不明車に

ミキサーズさん

WRブルーに金ホイールでスバルらしいスタイルに仕上がっているが、前期3.0R用のバンパーに変えられ、サイバーRの大型ウイングに交換されるなど、一味違う雰囲気に仕上がっている特徴的なBPワゴンとなっている。

サイバーRの大型リアウイングはそのスタイルだけでなく、エアダム形状になっており、リアガラスに空気を当てるなど機能性も高い。
HKSのレーシングサクションを付けている上に自作のクリアパネルを装着。フレッシュなエアを取り込むようにしてある。

会場風景
会場風景

会場風景
会場風景

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る