MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/06/26
  • 「東新宿交通取締情報局」

栃木県警のR35GT-RパトカーはNISMO仕様じゃなかった件!【交通取締情報】

ただの広報車じゃなく、本気で稼働するらしいので、注意!

このエントリーをはてなブックマークに追加
この6月に栃木県警交通機動隊にパトカーとして導入された、R35GT-R。事前の報道では、その購入費用、1,870万円という金額から、特別仕様車R35GT-R NISMOだと予測されていたが、ふたを開けてみれば何のことはないベース仕様のR35 GT-Rだった!

ノーマル本体価格との金額差は、架装&チューニング費用!?

ナンバーは希望ナンバー「110」を取得。
たぶんパトカー仕様として、スピードリミッターカットや排気効率アップ程度のチューニングは施されているのでは?

 導入お披露目の話題は、すでに報道されているので割愛するが、興味津々なのが、新車の本体価格1,000万円強のクルマが、なぜ購入価格と言われる1,800万円以上に膨らむのか、ということ。

 確かに自動車メーカーが警察にパトカーを納入するには、警察が決めたいろいろな基準をクリアしなければならず、元々、クラウンのようなパトカー仕様の生産ラインがあるクルマ以外は、ベースのクルマを基準肉合せて改造する必要がある。それがこの金額差になったと思われるのだ。

 試しに、その辺の話を聞いてみたが、「一切、答えられない」ということでした。

 いずれにせよ、報道通り、その購入費用は寄付金によってまかなわれ、税金は使われていないと言うことなので、目くじらを立てるほどのことはないのだが、維持費用がけっこうかかるだろうなぁ、というのはゲスのひがみか? ちなみに、このGT-Rパトカー、当初、交通安全イベント等に参加したりキャンペーンのシンボルとして使われる、いわゆる広報車として稼働すると言われていたが、実際は、主に高速道路で実際の取り締まりに活用されるというから飛ばし屋ドライバーにとってはちょっと不気味な存在になるかも。

 ただ、確かに国産車では比類なき高性能車ゆえに、一部メディアで「狙われたら逃げ切れない」とか「史上最強だ」とか騒ぎ立てているが、最近の交機のパトカーはクラウンでもティアナでも十分、速いので、逃げ切ろうなんて考えない方がいいし、逃げ切ったとしても連絡網で後日、検挙されるのは必至。とにかく、R35GT-Rだからといって取り締まり効率が格段に上がるわけではないので、別にびびることはありません。

詳しくは本日(6/26)発売のチューニングカー雑誌OPTIONで!
オービスの種類解説や最新交通取り締まり情報はこちら!

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る