MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. GT−R

MotorFan.jp メカニズム解説ダイジェストVol.4 『NISSAN GT-R』 日産GT-Rのメカニズムを徹底解説![1/3]

  • 2018/06/30
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

デビュー以来、毎年のように進化を続けてきたGT-Rは、基本的なハードウェアを大きく変更することなく、個々の部品、あるいはユニットの持つ潜在能力を、その時の最新技術で引き出してきた。今回の2017年モデルでは従来の手法に加えて、はじめてそのボディにも手が加えられ、円熟の走りをさらに磨き込んだ。

走行性能と車両コンセプトが決定したフォルム

全長4710㎜、ホイールベース2780㎜という数字はかなり大柄な印象だが、タイヤ接地荷重の安定化と、緊急時とはいえ大人4人が乗れて荷物も積めるというユーティリティから導き出された数字といえる。

重量バランスに優れたプレミアムミッドシップパッケージ

重量物のトランスミッションを車体後方に配置するトランスアクスル方式を採用し、前後重量配分を最適化。しかも後輪車軸よりもトランスミッションの重心が下になるようにしている。 ※このイラストは07年モデル

視認性・質感を見直したコクピット

高級本革素材をインストアッパーに使い質感を向上。内部のクッション材も変更し薄くした。上下に分離していたナビユニットとディスプレイを一体化することでインスト高さを低くし、視認性も向上させている。

快適性を向上させたフロントシート

今回、フロントシートは構造から見直し、上半身を点ではなく面で支えるよう変更した。内部のウレタン部も厚くすることでクッション性とフィット感を改善しつつ、265gの軽量化も達成した。

リヤシートはエマージェンシー用

大人ふたり分のリヤシートは「いざ」という時のもの。足元スペース、ヘッドクリアランスともにタイトだ。しかし、必要な時には4人乗りができるという点は心強い。普段は高級な荷物置き場として使用できる。

ゴルフバッグ2セットを積めるトランク

大容量トランクルームを持つことも他のスーパースポ ーツではありえないこと。ゴルフバッグなら2セット。スーツケースなら特AサイズとCサイズをひとつずつ積み込むことができ、日常性にも配慮している。

複合素材で構成されたボディ

スチール(グレー)、アルミ(赤)、カーボンコンポジット(黒)など複数の素材を適材適所に配置し高い安全性とボディ剛性を確保。一方、軽量化の面でも大きなメリットをもたらしたといえる。

フロントウインドウまわりを17年モデルで強化

デビュー以来はじめて本格的に手を入れられたモノコックは、フロントウインドウまわりを重点的に強化している。Aピラー基部へのガセットの追加や周辺部品の板厚をアップするなど、ボディ剛性の前後バランスを整えた。

改善された空力性能、乗降性にも配慮

ボンネットの剛性を強化

従来モデルでは、300㎞/h以上の速度域ではボンネットの浮き上がりが発生していたことを確認したため、アウターパネルはグリルのVモーションからのキャラクターラインで強化している。インナーパネルも見直された。

全数加振テストは今も実施

デビュー当初からボディは全数加振テストを行ない、合格したボディのみ次の工程にまわり、落ちたボディは廃却。生産品質も安定し、今ではテストに落ちるボディはほぼなくなったという。

関連キーワード

R35

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ