MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/07/09
  • MotorFan編集部

CX-3もCX-5もCX-8もいいけど、CX-7を忘れちゃいませんか

直噴ターボを搭載した、実は時代の先駆者だった?

このエントリーをはてなブックマークに追加
デビュー直後の姿。
CX-3からCX-9まで、フルラインアップ状態となったマツダのCXシリーズ。CX-5を中核車種として、SKYACTIV世代のイメージリーダーとしてマツダを牽引する。しかしご記憶の方もいらっしゃるだろう。それらに先立ちCXシリーズの第一弾として登場していたスタイリッシュなSUVを。早すぎたかもしれないそのクルマ・CX-7を振り返ってみよう。

 CX-7が登場したのは2006年のこと。当時のRX-8やMPVとも通じる、豊かな曲面が特徴なボディスタイルを備えていた。スタイリッシュなSUVとして、日産ムラーノとよく比較された。

 当時は大きいなあと思っていたが、では現在のCXシリーズと比べるとどうなのだろうか。寸法で比較してみよう。

 ホイールベースは50mm違い、CX-7が2750mmでCX-5が2700mmである。上記画像は前軸を基準点として2台を並べてみた。
 全長はCX-7の4680mmに対してCX-5が4595mm。85mmの差。案外大きくなかったんだなあというのが素直な感想だ。そして、その寸法差はおもにリヤ周りで用いられているように見える。

 しかしAピラーの根本がフロントフェンダーの峰に通じているくらいの寝たフロントガラスがクルマのサイズを惑わせる。フロントドア前には三角窓が備わっていることからもおわかりだろう。


 フロントから眺めてみる。CX-7は堂々の全幅1870mm。いっぽうのCX-5は1840mm。全高はCX-7のほうが低くて1645mm、CX-5は1690mmを数える。

 CX-7の画像は後期型で、アンダーグリルのデザインが広くなり、各部にはめっき装飾が施された。このままぺったんこにつぶすとRX-8にも通じるようなデザインの共通性が持たされた。

つぶしてみた。

 そして、SKYACTIVテクノロジーに先立ち、直噴ターボエンジンを搭載していたのもトピックのひとつ。2006年のことであり、日本国内ではもちろんのこと、世界的に見ても相当早い部類に入る。このあたり、ユーノス800において世界初のダウンサイジングエンジンを提唱したマツダだけに、先見の明があったのだろう(その後のSKYACTIVでは過給を用いない方向に舵を切ったが)。

MPVやマツダスピードアクセラにも使われた2.3ℓの直噴ターボエンジン。
案外モノフォルムだったことがわかる。クリアテールが時代を感じさせる。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る