MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/07/10
  • MotorFan編集部

国内導入してほしい! マツダCX-4はアクセラ派生車種なのか CX-4とアクセラを比べてみる

クロスオーバーSUVの作り方 メルセデス・ベンツAクラスとGLAも見てみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
CX-4とアクセラを重ねてみた。
クロスオーバーSUVの人気が世界中でとどまらない。SKYACTIVで人気のマツダにもSUVが数々取り揃えられている。しかし、日本車なのに日本で買えないクロスオーバー車がCX-4。気になっていろいろ「買えるアクセラ」と比べてみた。

 中国市場専売のCX-4。大きさといいかたちといい、日本でも売ってくれればいいのにと思う人は少なくないはず。スバルだってインプレッサをクロスオーバー化したXVで大ヒットを飛ばしているし、各ブランドもそれにならったクルマを次々と出している。

 というようなことを考えていて、CX-4っていうクルマはアクセラとどんな違いがあるのかが気になった。ちょちょいとハードウェア類を装着してリフトアップしてハイ完成──というクルマなんだろうと思っているのだが、果たしてどうか。

 全長:4633──4470mm(+163mm)
 全幅:1840──1795mm(+45mm)
 全高:1535──1470mm(+65mm)
 軸距:2700──2700mm(同寸)

 それぞれの数値は前がCX-4、後がアクセラ。案外大きくなっていることがわかる。全幅の伸張が著しく、もしかすると樹脂のフェンダーパーツで広くなっているのかと思ったらそうでもない。どうやらインスタントクロスオーバーではないようだ。

 冒頭の画像を眺めても、とくにリヤドアの形状がまったく異なることがわかる。およそクルマの開発においてドアとサイドシルの設計はボディ設計者にとって最難関とも言われる分野で、ここから判断してもCX-4とアクセラのボディは別物のようだ。
 いっぽうでフロントガラスやルーフラインなどには大きな差異がなく、デザインコンセプトを大切に守っているのだろう。FFも用意するSUVということもあるが、無骨でハードなイメージのクルマとは方向性を異にするスマートなクロスオーバー車に仕上がっている。ホイールは、両車ともに17あるいは19インチを装着する。

 などと綴っていてもうひとつ思い出した。メルセデスのGLAとAクラスの関係である。これもインスタントクロスオーバーだと決めつけていたらとある方に教えていただいて、かなり手間をかけているクルマということが判明した。

上がAクラス、下がGLAクラス。一見同じように見えるのだが──Cピラー周りのドアデザインが異なる。バックドア/テールランプクラスタの形状も違っている。

 比べてみて、なおCX-4に興味が沸いてきてしまった。マツダさん、何卒ご検討いただけませんでしょうかね。

いやあ、格好いいですなあ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る