MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > メルセデス・ベンツ > Gクラス(ゲレンデヴァーゲン) > ぶっちゃけ、見た目は似てるけど中身はまったく違う!? 乗ればわかる新型カイエンの驚くべき進化
  • 2018/07/27
  • GENROQ編集部 永田 元輔

ぶっちゃけ、見た目は似てるけど中身はまったく違う!? 乗ればわかる新型カイエンの驚くべき進化

このエントリーをはてなブックマークに追加
プレミアムSUVの中でも最も人気のあるカイエン。久々のフルモデルチェンジを行った新型だが、そのスタイルは完全なキープコンセプトだ。一体、先代とはどこがどのように違っているのか。試乗を通して感じたことをお伝えしよう。
PHOTO●篠原晃一(SHINOHARA Koichi)

 2002年に登場以来、プレミアムSUVとして確固たる地位を築いたカイエン。近年のポルシェの好調な業績は、カイエンが支えてきたと言っても過言ではないだろう。そのカイエンが3代目へと生まれ変わった。一見すると従来と見分けがつかないほどのスタイルだが、一体どこがどう変わったのか、詳しくみてみよう。

 まずボディサイズだが、新型カイエンは全長4918mm、全幅1983mm、全高1696mm。そしてホイールベースは2895mmだ。これは先代と比較すると全長は+63mm、全幅は+28mm、全高は+6mmで、ホイールベースは変わらない。僅かに大きくなっているが、現実的にはほとんど変わらないと言っていいだろう。デザインを見るとフロントまわりの印象はあまり変わっていないが、リヤスタイルをみるとその違いは一目瞭然。新型は上下に薄くなったテールランプをガーニッシュで繋いでいる。911とイメージを共通化したのだろう、新型は見るからにスポーティな雰囲気となっている。
 ボディは少し大きくなっているが、軽量素材などの使用などによって、カイエンSではおよそ65kgの軽量化がなされている。サスペンションは先代が前ダブルウイッシュボーン、後マルチリンクだが新型は前後ともマルチリンク式。アクティブシャシーコントロールは新世代のものとなり、オプションだがリヤアクスルステアが装着できるのも新型の特徴だ。

 エンジンは先代も新型もV6とV8だが、新型は新世代にスイッチ。今回試乗したカイエンSは2.9ℓ V6ツインターボで440ps、550Nmを発揮する。ちなみに先代のカイエンSは3.6ℓの排気量で420psであったから、新型は約700ccもダウンサイジングしながら20psもアップしていることになる。そして組み合わされるATも新型は新開発の8速となった。

 運転してみると、新型は明らかにスポーティだ。コーナーでステアリングを切ったときの動きが軽やかで、スッとノーズが気持ちよくインを向く。今までのカイエンは直線こそ速かったが、コーナーでの動きは決して軽快とは言えなかった。しかし新型はもっとサイズの小さなスポーツSUVのごとく、狙った通りのラインを駆け抜けることができる。

 それでいてカイエンらしい重厚さも残されている。やや荒れた路面でも、どっしりと安定しているステアリングフィールはフロアまわりの剛性の高さを感じさせるし、軽快とはいえ過敏すぎない動きは、マカンとはまた違うプレミアムSUVらしい落ち着いた振る舞いだ。
 新型カイエンは、最高峰SUVらしい、どっしりとしたライドフィールはそのままに、さらなるスポーティさ、アジリティを加えた1台だ。見た目以上に、その中身は進化していると言えるだろう。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る