MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/04
  • MotorFan編集部

スズキ新型ジムニー/ジムニーシエラ。ラゲッジルームは、軽ジムニーとシエラで違う? 使える?

スズキ・ジムニー&ジムニーシエラ、ラゲッジルーム比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
左が小型車のジムニーシエラ、右が軽自動車のジムニー
大ヒットとなっている新型ジムニー&ジムニーシエラ。軽自動車のジムニーをベースにエンジンの排気量アップ、ボディの拡幅で作り出されるジムニーシエラのラゲッジルームは、軽のジムニーと比べてどうなのだろう?

 新型ジムニーとジムニーシエラの国内販売台数の目標は、軽自動車のジムニーが年間15000台、小型乗用車であるジムニーシエラが1200台となっている。国内で販売されるジムニー/ジムニーシエラのうち、ジムニーシエラは10台に1台にも満たない「レアな」クルマとも言えるが、海外に目を向ければ、ジムニー=ジムニーシエラだからこちらがメインストリームである。

 ジムニー/ジムニーシエラのベースは、あくまでも軽自動車ジムニーだ。
 サイズを比べてみよう。

ジムニー 全長×全幅×全高:3395×1475×1725mm
ジムニーシエラ 全長×全幅×全高:3550×1645×1730mm

ホイールベースは、2250mmで変わらない。

トレッドは
ジムニー:F1265mm R1275mm
ジムニーシエラ:F1395mm R1405mm

である。

ジムニー
ジムニーシエラ

ホイールベースは両車同じということは、全長違いは前後オーバーハングの長さの違いだ。ジムニーシエラは、フロントオーバーハングがジムニーより55mm長く、リヤオーバーハングが100mm長い。

ジムニーとジムニーシエラのボディ寸法の違いは、前後トレッドとオーバーフェンダーの違いだけと言っていい。
 ではラゲッジルームを見てみよう。


 ということで限りなく同じと考えていい。

では室内は? ラゲッジスペースは?

 室内のスペースはどうだろう?
ジムニーの
室内長×室内幅×室内高:1770×1300×1200mm
ジムニーシエラの
室内長×室内幅×室内高:1795×1300×1200mm

 ほぼ同じと考えていい。

ジムニー 室内長×室内幅×室内高:1770×1300×1200mm

ジムニーシエラ 室内長×室内幅×室内高:1795×1300×1200mm

 ジムニー/ジムニーシエラともに、乗員配置が変更され、ドライバーのアクセルからヒップポイントまでの距離が30mm、前後乗員の距離が先代と比較して40mm拡大されている。ヘッドクリアランスも前席で50mm、後席で45mm増。乗員の快適性は向上している。もちろん、軽自動車のジムニーがベースなので、後席は広々というわけにはいかないが……。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る