MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/08
  • MotorFan編集部

新型フォレスターと先代フォレスター。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席シートは?

新型スバル・フォレスター vs 先代スバル・フォレスター

このエントリーをはてなブックマークに追加
先代スバル・フォレスター
フルモデルチェンジしたスバルのSUV、フォレスターのセールスが好調だ。SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)を得てポテンシャルを大幅にアップされた新型。先代の性能も、いま乗ってもけっして不満を覚えるようなものではない。ここではラゲッジスペースを比較してみよう。せっかくなので、後席の居住性も見てみることにする。

まずは、全体のサイズから見ていこう。

先代スバル・フォレスター 全長×全幅×全高:4595×1795×1735mm ホイールベース:2640mm ミラーtoミラー:2004mm

フォレスター2.0XT Eye-Sight

フォレスター2.0XT Eye-Sight
新型ではなくなってしまった2.0ℓターボエンジンを搭載する先代フォレスターXT。ハイパフォーマンスモデルで装備面においても最上級のグレードだった。当時の新車価格は、293万685円。

新型スバル・フォレスター 全長×全幅×全高:4625×1815×1715mm ホイールベース:2670mm ミラーtoミラー:2080mm

全長は先代から15mmアップ。ホイールベースは30mm拡大され、室内の前後長も広がった。全幅は20mmアップの1815mmとなったが、最小回転半径は0.1m増の5.4mに抑えられている。

新型フォレスター Premium
ガソリンモデル(2.5ℓ)の上級グレードで光輝ウィンドウモール、後側方警戒支援システムとアダプティブドライビングビームを含むアイサイトセイフティプラスも標準装備する。価格は、302万4000円。

 ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

先代フォレスター2.0XT Eye-Sight 室内長×室内幅×室内高:2095×1540×1280mm

ソフトパッド部分を大幅に増加し質感を向上させて、インプレッサより上級であることを主張。A ピラーを前出しして開放感を向上させつつ三角窓を追加している。スバル伝統の視界の良さは健在。
足元空間は今回の4台では最も広い印象。センタートンネルも低い。シートバックを操作してもベルトが邪魔になりにくい設計なのも細かい配慮でうれしい部分。
ヒップポイントが36㎜上がってSUVらしい見晴らしや乗降性が向上。ターボの「XT」はサイドがレザーとなるコンビ表皮、シートヒーター、電動シートが標準。

新型フォレスター Premium 室内長×室内幅×室内高:2110×1545×1270mm

シート表皮は、グレード別に設定され、写真はファブリック/トリコット+のことでリニアトロニックとモーター合成皮革の例。前席だけでなく後席にもシートヒーターが標準装備される。ホイールベースの拡大分は後席空間にあてられ、実測の膝前スペースは約230mmと広い。
リヤシート高:720mm
フロントシート高:640-670mm

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る