MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/09
  • MotorFan編集部 小泉 建治

ECOモードの意外な効果〈ルノー・カジャー長期レポートVol.2〉

【Renault KADJAR】Long term test

このエントリーをはてなブックマークに追加
カジャーではダッシュボード右側、ステアリングコラムの脇にある「ECO」ボタン。
みなさん、ECOモードって使っていますか?
アクセルに対するエンジンの反応が鈍くなるだけで、
かったるいことこの上なし!
筆者はこれまで、さまざまな広報車をお借りしてきましたが、
まったくと言っていいほど使ったことはありませんでした。
ところが先日、ふとMFカジャー号でECOモードに切り替えたところ……。

レポート日:2018年8月9日
オドメーター:5082km

TEXT&PHOTO●小泉建治(KOIZUMI Kenji)

意外と使える! カジャーのECOモード

 台風で取材のスケジュール変更などが続き、ほとんど距離を伸ばせていないMFカジャー号だが、ここ数日、都内を走っていてふと気づくことがあったのでご報告したい。

 最近のダウンサイングターボやディーゼルは実に良くできていて、日常使いや高速走行時などに加速で不満を覚えるシーンは一切ない。しかし、もはや言いがかりに近いのだが、あまりに加速が力強すぎて、逆に戸惑うことも少なくなかったりする。

 重箱の隅を突くように説明すると、アクセルを踏み始めた直後に、ほんの僅かにデッドな領域があって、そこからさらに踏み込むとグワワワワ〜と怒濤のような加速を見せるのだ。もちろんかつてのドッカンターボのような“ターボラグ”ではなく、それ自体が気になるような問題ではまったくないのだけれど、そんな、些末ながらも「過給器付きエンジンが持つ宿命」のようなものが、結果として相対的に「予想以上の力強い加速」を感じさせる要因になっているのだろう。

 MFカジャー号も例に漏れず、アクセルを踏み込むと期待以上の加速を見せてくれる。もちろん悪い話ではない。ただ、そんなMFカジャー号に乗っていると、次のようなふたつの相反する気持ちが葛藤を始める。

・やはりこうした大らかなキャラクターのクルマには、自然吸気のようにリニアで穏やかな加速が似合うのでは?
・これだけ力強いと、結局その力強さを活かしたアグレッシブな運転をしてしまう(だから楽しい!)

 前者は理性的な自分、そして後者は本能的な自分である。

カジャーのECOモードはエンジンを切っても維持され、再始動後もECOモードとなる。これはユーザーとしてはうれしいポイントだ。

まるで自然吸気のような上質な加速フィールに

 そんなことに考えを巡らしながら運転していて、ふとECOボタンが目に入ったのである。ほとんどのメーカーに当てはまることだが、ECOモードなどと言いながら燃調マッピングまで変更している例などは稀であり、たいていはアクセル操作に対する実際のスロットルの開度(送り込まれる混合気の量)をノーマルモードよりも絞り気味にしているだけで、繊細なアクセルワークを心掛ければノーマルモードでも同様の燃費を引き出せることが多い。

 それよりなにより、レスポンスが超絶に鈍くなるからかったるいことこの上なく、かつては加速しないどころかむしろ失速しているんじゃないか、と思わされるモデルまであった。

 ところが、MFカジャー号のECOモードはどうも様子が違う。なによりまず、出足が鈍くない。そして、追い越し時にもとくにECOモードであることを意識させられることなく、スムーズな加速を見せてくれた。

 ではなにが変わったのか?

 過給器エンジンならではの、グオオオオッっていう「過給されている感」が見事に抑えられ、まるで自然吸気エンジンのようにリニアでナチュラルなフィールに変貌したのである。

 これはいい。実にいい。ECOモードがこんな効果をもたらすとは。

 ルノー・カジャーのECOモードは、下記の制御を変更している。
・エンジンの出力特性(前述のアクセル操作に対する反応)
・エアコンの作動状態
・EDCの変速スピード

 とくに目新しいものではないが、それぞれの熟成が進んだということか? 思えばここ数年、メーカーを問わずECOモードというものを真剣にテストすることはなかった。カジャーのみならず、ほかのメーカーのクルマのECOモードも、同じように進化していたりして……(というより、進化しているはずですねスイマセン)。

 とにかく、「燃費なんてECOモードに頼る必要はない。よってECOモードなど必要なし」と断じていて自分にとって、これは目から鱗が落ちる思いであった。熟成が進んだことによりネガティブな部分が消え去り、過給器の二次曲線的な加速が自然吸気のような直線的な加速に変貌するという、新たな価値を生み出していたのだった。

 今後は長距離ドライブで両モードを比較し、実際の燃費の差や、高速走行時の追い越し加速などについてもレポートしたいと思う。


「ルノー・カングー20周年のすべて」絶賛発売中
今年で生誕20周年を迎えたルノー・カングーを徹底解剖する一冊。日本とフランスで徹底的に走り込んだ試乗レポートや、フランス郵政公社「ラ・ポスト」の本物の配達人へのインタビュー、そしてこれまで日本で販売されたカングーを限定車も含めてすべて紹介するなど、カングー好きの知識欲を満足させる盛りだくさんの内容になっています。

発売:2018年7月5日(木)
定価:907円+税

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る