MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ルノー|RENAULT
  4. トゥインゴ

RENAULT TWINGO考察 ルノー・トゥインゴは実はミッドシップだった!? もはやスポーツカーじゃないか!

  • 2018/08/13
  • MotorFan編集部 小泉 建治
このエントリーをはてなブックマークに追加
RRの採用で話題をかっさらった現行三代目トゥインゴ。ところがよく見るとコレ、ミッドシップじゃありません?

革新的なRR(リヤエンジン・リヤホイールドライブ)レイアウトの採用で、
広い室内、卓越した小回り性能、そして優れたトラクション性能を得たトゥインゴ。
だが厳密に言えばこのトゥインゴ、なんとスポーツカーの専売特許でもある
MR(ミッドシップ・リヤホイールドライブ)なのである!

透視図を見る限り、どうにもリヤアクスルよりもエンジンが前にあるように思える……。

ルノーもRRとアナウンスしているけれど

 FF(フロントエンジン・フロントホイールドライブ)が当たり前のコンパクトカー・カテゴリーにおいて、革新的なRR(リヤエンジン・リヤホイールドライブ)を採用して注目を集めたルノー・トゥインゴ。

 かつての二代目フィアット500(1957〜77年)を思い起こさせるRRのベーシックカーの登場は、多くの自動車好きに喝采をもって迎え入れられ、さらにはそれがもたらす広いスペースや小回り性能が一般ユーザーの心も掴み、一気にベストセラーの地位に登り詰めたのはみなさんも知るところだろう。

 ところがである。トゥインゴを真横から見ると、ちょっとした疑問が湧くのである。「こんなに短いリヤオーバーハングにエンジンなんて載るのか?」と。
 

そもそも、この超絶に短いリヤオーバーハングにエンジンなんて載せられるの?

トゥインゴは正真正銘ミッドシップだった!

 ようするに、リヤアクスルよりも前にエンジンがあればミッドシップ、後ろにあればRRということだ。何をもって前か後ろかを見分けるかは諸説あるだろうけれど、トゥインゴのように横置きエンジンであれば、クランク軸がリヤアクスル軸よりも前にあるか後ろにあるかで判断するということで異論はないだろう。

 で、トゥインゴをリフトで持ち上げて下から覗いてみたのである。すると……

 じゃじゃ〜ん! 完全にリヤアクスルよりもエンジンが前にあるじゃありませんか! もはやクランク軸もヘチマも関係なし。正真正銘のミッドシップである。

 メーカー自身がRRとアナウンスしているものだから我々もなんの疑問も抱かず信じ切っていたが、トゥインゴは世にも稀な「ミッドシップのコンパクトベーシックカー」なのである。

 では、なぜメーカー側はこれをミッドシップと言わず、控え目にRRと説明していたのか?

「いや、まぁ、これをミッドシップというのもおこがましいかと……」と恐縮気味にコメントしてくれたのはルノー・ジャポン広報担当氏。ミッドシップはミッドシップなのだから、もっと堂々と主張すればいいとも思うのだが、そうすると筆者のような単細胞クルマ馬鹿の面々が「サンク・ターボやクリオ(ルーテシア)V6の再来だぁ!」などと大騒ぎして収拾がつかなくなる可能性もあるわけで、そういう意味ではルノー様の判断は賢明かと思われる。

 とはいえミッドシップであることは間違いないのだから、オーナー諸賢には胸を張って「ミッドシップに乗っている」と言い放っていただきたいものである。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ