MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/10
  • MotorFan編集部

まもなく国内デビュー! 五代目ホンダCR-Vの実車お披露目

人気のSUVカテゴリーに加わる注目の1台

このエントリーをはてなブックマークに追加
力強いフォルムとシャープなディテールが目を惹く新型CR-V
すでにホンダオフィシャルサイトにて、8月30日デビューが予告されている新型CR-V。その実車が報道陣に公開された。
グローバルな市場で人気を集めるモデルが日本に復活する

 日本では先代のモデルライフ途中で販売が終了していたCR-Vだが、世界的なSUVカテゴリーの人気を受けて2016年に北米でデビューしていた五代目が日本市場に復活。ティーザーサイトではパワートレーンの詳細も発表されており、1.5L直噴ターボに加えて、オデッセイHVやステップワゴンHVに搭載されているSPORT HYBRID i-MMDが用意される。このCR-Vではホンダで初めて、i-MMDに4WDモデルが設定されることもトピックだ。


ステップワゴン等にも搭載される1.5L直噴ターボ
走行の大部分をモーターが担うi-MMDハイブリッド

新たに3列シート車も設定された

 また、1.5L直噴ターボ車には通常の2列シート5人乗りに加えて3列シート7人乗りも用意。ミニバンからの乗り換え需要にも対応するラインナップを構成している。


先代よりもロングノーズ化された伸びやかなフォルム

 いまやグローバル市場ではホンダを代表するモデルとなったCR-V。実車を間近に見た印象は、奇をてらわらないオーソドックスなフォルムながら、各部のパネルの織りなす力感や緻密なライトまわりの造形などが魅力的。新たにハイブリッドや3列シート車も加わり、日本市場でも先代モデルよりも大きな注目を集めそうだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る