MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/18
  • ニューモデル速報

ジムニー旋風真っ只中! ジムニーの新型と先代を比べてみる。

ボディサイズは?使い勝手は?室内の広さは?ラゲッジスペースまで徹底比較。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スズキ・新型ジムニー VS 先代ジムニー
今、最も話題を集めている一台といえば、スズキ新型ジムニーだろう。基本構成は継承しながら、“現代”に相応しい進化を遂げた。それは、20年待ち続けた世界中のジムニーファンの期待を裏切ることない出来映えだ。反面、独自の路線を突き進み、輝かしい実績を持つ先代ジムニーの魅力は色褪せない。新旧を比較することで、先代の人気の秘密と新型の進化の度合いを見ていこう。

まずは、ボディサイズからチェックしていこう。

先代ジムニー「ランドベンチャー」(特別仕様車)
先代ジムニー「ランドベンチャー」(特別仕様車)

先代ジムニー「ランドベンチャー」(特別仕様車)
全長×全幅×全高:3395mm×1475mm×1680mm
ホイールベース:2250mm
ミラーtoミラー:1840mm

ジムニーは、悪路走破性を高めるために最低地上高を高めた唯一無二の一台。ボンネットが長い一方で、キャビンの前後長は短い。居住性を重視したパッケージングでないことは一目瞭然だ。とことんオフロードを走り込める実力を持ったこだわりの軽自動車だ。

新型ジムニー「XG」(5速MT)車両価格:145万8000円

新型ジムニー「XG」(5速MT)
全長×全幅×全高:3395mm×1475mm×1725mm
ホイールベース:2250mm
ミラーtoミラー:1885mm

新型はスクエアなフォルムが強調されたスタイル。立たせたAピラーをより後方に引き、視界の広さとFRベースの4WDらしいプロポーションを獲得した。前後サイドウインドウの視界も広くなっている。

次に室内の居住空間を比べてみよう

先代ジムニー「ランドベンチャー」(特別仕様車)インパネ

先代ジムニー「ランドベンチャー」(特別仕様車)
室内長×室内幅×室内高:1685mm×1220mm×1210mm

垂直と水平をしっかりと守ったインパネは、悪路走破時に車体の傾きをドライバーに伝えやすくするためと、オフローダーらしい骨太さを印象づけるためのデザイン。ピアノブラックのガーニッシュやメッキのメーターリングは「ランドベンチャー」の専用アイテム。

先代ジムニー「ランドベンチャー」(特別仕様車)前席

床全体が高く、床に対しても高い着座位置だから視界は広くて良好。ボンネットがしっかり見えて、車両感覚もつかみやすい。運転姿勢に違和感はないが、ステアリング調整機構やシートリフターが未装備なこと。

先代ジムニー「ランドベンチャー」(特別仕様車)後席

足の置き場に困るほど狭くはないのだが、余裕があるとは言えない。左右と後ろのウインドウが大きいため、開放感は上々。長時間の乗車はかなり厳しいだろう。後席は左右独立で前倒しが可能。

新型ジムニー XG(5速MT)インパネ

インパネは水平基調のデザインで、ジムニーらしい力強さを表現するとともに、オフロードなどで車両姿勢を把握しやすい。ベーシックグレードである「XG」は、エアコンがマニュアル式となるなど、装備内容は簡素。それでも、キーレスエントリーや自発光メーター、マルチディスプレイなどは標準装備され、運転席まわりの収納類も充実している。

新型ジムニー「 XG」(5速MT)前席

新型からハンドルに調整機構が採用されたことが最大のトピック。上下調整のみだが、運転姿勢の幅が広がったことはうれしい。シートの高さ調整はなく、オフローダーらしく高い位置から見下ろす感覚の運転スタイル。「XG」はシート表皮の撥水加工は施されていない。

新型ジムニー 「XG」(5速MT)後席

膝まわりは、余裕があるわけではないが、そこそこのスペースを確保。窓が大きいことで、窮屈感が薄れている。「XG」の後席の格納方法は一体式。ヘッドレストも未装備なので、非常用と割り切りたい。

最後は新旧のラゲッジスペースを比較してみよう。

先代ジムニー「ランドベンチャー」(特別仕様車)通常荷室 通常奥行き:320mm 幅:920mm
先代ジムニー「ランドベンチャー」(特別仕様車)最大荷室 最大奥行き:1070mm 幅:920mm

通常時の広さは最小限で、機内持ち込みサイズのスーツケースがひとつ積める程度。後席は左右独立で倒せるが、倒したシート背面が水平にならないこと、床に大きな段差が残るのは残念なところ。テールゲートは横開き式を採用。

新型ジムニー「XG」通常荷室 通常奥行き:270mm 最小幅:880mm
新型ジムニー「XG」最大荷室 最大奥行き:1090mm

ジムニー「XG」の容量は377ℓを確保。「XG」は荷室にラゲッジボックスが装備されず、フロアは一段低い位置にある。後席は一体可倒式で、格納時にはフロア間に段差が生じる。ジムニーの上級グレードは5対5分割可倒式のリヤシートとラゲッジボックスを標準装備。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る