MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/15
  • MotorFan編集部

メルセデス・ベンツの次期モデルを大予想!! Aクラス/AMG GT 4ドアクーペ/Bクラス/GLS/GLE/Vクラスがデビュー!?

これから日本に上陸する、次世代メルセデス・ベンツを大胆予想!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フルラインナップメーカーへと大きな転換を遂げ、いまやコンパクトカーからスポーツカー、SUV、ミニバンまで幅広く手掛けているメルセデス・ベンツ。その結果として、同社は魅力溢れるニューモデルを続々と市場に投入しているワケだが、MF.jpが近々発売される次期モデルを大胆に予測した!

新型Aクラスはハッチバックが先行し、セダンは遅れて上陸?

 今年に入って日本市場でデビューを飾った最新のメルセデス・ベンツは、Gクラス、CLS、Cクラスなどビッグネームばかり。では、これから日本上陸するモデルは、一体どんなモデルがあるのだろうか? 早速、MF.jp編集部は国内外の情報ネットワークを駆使して調査してみた。

 まずMF.jpが最初に注目したのは、なんといっても「Aクラス」の存在である。約6年振りにフルモデルチェンジを遂げた新型Aクラスは、本国ではすでに販売がスタートしており、日本上陸はカウントダウンが始まっている。実際に導入されるのは、どうやら秋頃になる見込みだ。

 新型AクラスはCLSのデザインテイストをそのまま移植したようなシャークノーズが特徴的だ。とても洗練された都市型コンパクトモデルへと大きく進化しており、新世代パワーユニットの投入などハード的に見ても魅力が溢れている。

 また、Aクラスの派生モデルである「Aクラス・セダン」は、CLAに代わって導入される模様だ。2018年4月の北京モーターショーでは中国の富裕層向けに「AクラスLセダン」が公開されたが、通常モデルのAクラス・セダンは10月のパリ・モーターショーで初公開される計画となっている(ホイールベースは、Aクラスの2729mmに対し、Lセダンは60mm延長した2789mm)。

 最新のテクノロジーを駆使して空気抵抗の低減に成功し、Aクラス・セダンのCd値はハッチバックを上回る0.22を記録した。これは、驚異的な数字と評価されたCLAと同等の数値である。

 セダンの日本上陸は「本国のデビュースケジュールと同期する」という予測のもとで考えてみると、来年以降になるかも知れない。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る