MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/31
  • Motor Fan illustrated編集部

シボレー・カマロ コンバーチブル出来よし。V8真面目にニュル過ぎ。 by福野礼一郎

『福野礼一郎のクルマ論評3』副読本的ウェブサイト STORY07 :CHEVROLET CAMARO

このエントリーをはてなブックマークに追加
単行本『福野礼一郎のクルマ論評3』を読み解くための、いわば"副読本”的なwebページ。ここに掲載した写真は、福野礼一郎さん自ら撮影したもの(一部、”萬福コンビ”の片割れ、萬澤龍太が撮影したものを含みます)。スペックは、試乗したクルマのカタログデータです。
PHOTO◎福野礼一郎
シボレー・カマロSS

シボレー・カマロSS
■ボディ寸法
全長×全幅×全高:4780×1900×1340mm
ホイールベース:2810mm
車両重量:1710kg(前軸920kg:後軸790kg)
■エンジン
形式:V型8気筒OHV
型式:LT1
排気量:6153cc
ボア×ストローク:103.2×92.0mm
圧縮比:
最高出力:461ps(339kW)/6000rpm
最大トルク:617Nm/4400rpm
■トランスミッション:8速AT
■駆動方式:FR
■価格645万8400円

シボレー・カマロ コンバーチブル

シボレー・カマロ コンバーチブル
■ボディ寸法
全長×全幅×全高:4780×1900×1350mm
ホイールベース:2810mm
車両重量:1680kg(前軸850kg:後軸830kg)
■エンジン
形式:直列4気筒DOHCターボ
型式:
排気量:1998cc
ボア×ストローク:86.0×86.0mm
圧縮比:
最高出力:279ps(202kW)/5500rpm
最大トルク:400Nm/3000-4500rpm
■トランスミッション:8速AT
■駆動方式:FR
■価格602万6400円

福野礼一郎撮影PHOTO


福野礼一郎のクルマ論評3
『福野礼一郎のクルマ論評2014』『福野礼一郎のクルマ論評2』に続く単行本第三弾。今回は、14台のクルマ論評に加えて、モーターファン・ロードテストの5台(トヨタ2000GT、マツダ・コスモスポーツ、日産スカイラインGT-R(KPGC10)、日産フェアレディZ432、いすゞベレットGTR)を現代の視点で掘り下げる座談会も収録。スペシャルコンテンツとして、「福野礼一郎選定 項目別ベストワースト2018」も掲載しています。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る