MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/30
  • HYPER REV編集部

新型ジムニーがGクラスやディフェンダーのルックスに! DAMDが提案するエアロに注目!

関係者に聞いたそのコンセプトとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型ジムニーの比較対象として話題に上ることが多いメルセデスGクラス。Motor-fan.jpでも、そのスペックを比較した記事は大反響だった。

そんなGクラスやディフェンダーにインスピレーションを感じ、さっそくエアロパーツの商品化に向けてCGを開発してしまったのが、ハイセンスなエアロパーツを多車種開発している『DAMD(ダムド)』だ。

写真を見てもわかるように、まるでGクラスのルックスを手に入れた新型ジムニー。はっきり言って、かっこいい。

そんなエアロを制作中のダムドさんにお話しを伺った。

ーーものすごくかっこいいデザインですが、現状の開発状況は?

ダムド 担当者:今回発表したエアロは、公開したCG画像をベースに各パーツのデータ設計へ移行している段階です。
ウェブでCGを先行公開したところ、ものすごい反響をいただきまして、びっくりしています。
メールや電話をばんばんいただいています。

ーーエアロの名前が、「JIMNY “little G.”」そして「JIMNY “little D.”」。つまり、『G』はメルセデスAMG『G63』、『D』はランドローバー『ディフェンダー』がモチーフとなっているということでよろしいですね?

ダムド 担当者:そうですね。『G63』と『ディフェンダー』をモチーフにCGを描きました。
ジムニーに関しては、660ccとシエラ両方への装着をイメージしながら、インチアップを想定しています。
細かい法規への対応なども考慮していきますので、これが最終版ではありません。


――完成はいつごろになりそうですか?

ダムド 担当者:年明けを目指しています。

――オートサロンですね?

ダムド 担当者:はい。現車でのお披露目は、オートサロンを考えています。

納車に相当の時間がかかると言われている新型ジムニー。
ということは、購入したみなさんが手に届くころ、ちょうど良いタイミングで「JIMNY “little G.”」そして「JIMNY “little D.”」が完成しそうだ!

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る