MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/30
  • MotorFan編集部

レクサス、RCをマイナーチェンジ

フラッグシップクーペのLCで培ったデザインと走りを継承すべく、全方位で様々な改良を実施。

このエントリーをはてなブックマークに追加
レクサスは8月30日、マイナーチェンジを行なった2ドアクーペのRCを世界初公開し、10月2日〜14日の日程で開催されるパリモーターショーに出展する予定であることを発表した。

よりスポーティかつエレガントなエクステリアを目指して、バンパーコーナーの造形やメッシュパターンのスピンドルグリルなど特徴的なデザインを採用。ヘッドライトは超小型の3連LEDを縦方向に配置し、精悍かつ優美なイメージを醸し出している。


 リヤはバンパーコーナーにエアダクトを設けて操縦安定性を向上。リヤランプはL字がより際立つデザインとして、LEXUSクーペとしての存在感をより強調した。

 インテリアでは前席のニーパッドを大型化し両端から挟み込む構成とし、空調・オーディオのコントロールパネルをヘアライン調に変更。LCと共通のアナログクロックも採用された。


 メカニズム面では、空力性能やサスペンションの改良、パワートレーンのチューニングなどを実施。フラットで滑らかな乗り味とLC譲りのドライバーの操作に忠実なハンドリングを味わえる優れた運動性能を実現したという。具体的にはサイドウインドウモールのフィン形状化、リヤバンパーへのダクト追加によるホイールハウス内の圧力変動軽減など、空力性能に多くの改良が施されている。


 また19インチホイール装着車はハイグリップタイヤを新採用し、優れた操舵応答性を実現。サスペンションは、ストロークの速度が極めて低い状態でも十分な減衰力を発揮できる改良型ショックアブソーバーや、より高剛性のブッシュを採用することで、フラットな車両姿勢と高い運動性能を両立させた。加えて2.0Lターボエンジンはアクセル操作に対するレスポンスを向上させる制御を採用している。日本での発売は18年10月下旬の予定だ。

レクサスRC車両情報はこちら。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る