MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/06
  • HYPER REV編集部

塚本奈々美のニュルブルクリンク24時間レースチャレンジ~その2~「VLN第6戦で見えた大きな課題とは?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
塚本奈々美選手がニュルブルクリンク北コースを走る86の助手席に同乗して指導してくれたRing Racingのウヴェさん。
2019年のニュルブルクリンク24時間レースへの参戦を表明した塚本奈々美選手。
8月18日に開催されたニュルブルクリンク耐久選手権(VLN)第5戦(6時間耐久)に続き、9月1日にはVLN第6戦(4時間耐久)に参戦した。
なぜこんな短期間にニュルブルクリンクでの耐久レースに2度参戦したのだろうか。
レースを無事終えて帰国した塚本選手に話を伺った。

--VLN参戦、お疲れ様でした。今回は4時間レースということで、前回の6時間と比べれば短めの耐久レースでしたが、どのようなレースでしたか?

塚本:今回も、ニュルブルクリンク北コースが本当に大変なコースだということを改めて思い知らされたレースでした。

--結果はどうだったんですか?

塚本:無事3位で完走させていただきました。

--すばらしいじゃないですか!

塚本:前回にもお話ししましたが、ニュルブルクリンク24時間レースに参戦するには、ニュルブルクリンクでの走行ライセンスであるパーミッションAを取得していなければなりません。パーミッションAを取得するためには、VLNで完走し、クラス上位70%に入り、かつ、レース中の走行が合計で18周以上なければなりません。

--なかなかのハードルですね。

塚本:そのパーミッションAを獲る以前に、VLNに出るためのパーミッションBを前回のVLN第5戦の直前に取ったのですが、これも難しい座学とテストをクリアして、ニュルでのレースを安全かつ正確に走行するための実車実習もクリアしなければなりませんでした。

--前回も、パーミッションBを獲れたのは奇跡的だとおっしゃっていましたよね。

塚本:もう、本当に奇跡です。これも、前回に引き続き今回も本当に良いサポートを行なっていただいた、REVELチームと現地のRing Racingさんのおかげです。彼らがいなければ、絶対に今回も11周を走り切るというのは無理だったと思います。本当に勉強させていただきました。

ウヴェさんのドライブする86の助手席でニュルブルクリンク北コース走行テクニックを盗む!

--具体的に、どんなサポートをいただいたのですか?

塚本:今回勉強になったのは、同乗ですね。フリー走行のときに同乗走行が認められているのですが、今回は、Ring Racingのベテランドライバーのウヴェ・クリーンさんの助手席に同乗させていただいただけではなく、なんと私の助手席に同乗していただいて、走り方を指導していただき、鍛えていただきました。
そして、レースもドライバーは私とウヴェさんの2人体制で走らせていただきました。

--ということは、必然的にひとりあたりの周回数も多くなりますね。

塚本:そうです。なるべく私がパーミットAを獲れるように他チームが3人で参戦するところを私たちは2人で戦い、私の周回数がなるべく多くなるようにしていただきつつ、でも3位で完走しなければならないので、責任も重大でした。そうした条件のなか、
無事ワタシは11周・2時間を走りきり、ピットイン1回作戦も功を奏して、8月のデビュー戦に続く表彰台となる3位でゴール。

本当に、準備も体制も良かったし、ペアを組んでいただいたウヴェさんには感謝しかないですね。よく私の助手席に乗ってくださいました。(笑)

--確かにレーシングドライバーとして活躍している塚本さんとはいえ、ニュル超初心者の助手席に乗るというのは勇気がいると思います。

塚本: 続いてウヴェさんの助手席に乗せてもらい、隣で答えを見ることができたのは、1周だけでも何周分もの価値になると、他のみなさんも言ってくださいました。

--レースの内容はいかがでしたか?

塚本:前回乗せていただいた86でのレースでしたが、コースにはまだまだ慣れないですね。自己ベストは出せましたが、目標としてるタイムにまだまだ届いていないです。地元勢の皆さんの走りをみていると、誰が走っても安定したタイムを出しているので、今回のレースでも不安要素は私しかない。。。前回のレースを終えてから、日本でしっかり準備をしたつもりではいたんです。2時間、ニュルを走りつづけるシミュレーターでのトレーニングもしてきましたが、なかなか一筋縄ではいかないですね。悔しいです。

--タイムはいかがでしたか?

塚本:他のクルマが9分50秒~10分くらいをレースラップとして刻んでくるなかで、私は一番よくても10分に入るくらい。前回よりも10秒くらい縮まったくらいですね。怖いコーナーは、どうしても怖いんです。悩まされたのはタイヤカスを拾ってしまう問題ですね。140 台という参加台数があるなかで、レコードラインを走っていてもタイヤが汚れてしまうんです。ジャンプして着地したところがタイヤカスだらけだったり。速いクルマが迫ってきて少しラインをずらすと、もっとタイヤカスを拾ってクルマが不安定になり、そうした状況になると苦手なコーナーはどうしてもだめでした。

--それは厳しいですね。

塚本:一度タイヤカスを踏んでしまうと、これが全然取れないんですよ。フィーリングでいうと、タイヤカスがタイヤの表面でグニュグニュしているかんじ。グランプリコースを走っていても、なんでもないコーナーでもリアが出たりするんです。一歩間違えるとすごく大きなミスになりそう。

--ニュルを走るうえでの大きな問題ですね。

塚本:でも、それがウヴェさんのタイヤにはピックアップが全然ついていないんです。なるべく色々と対策を考えながら走ったのですが、タイヤマネジメントが良くなかったのか、私は今回は克服できませんでした。ウヴェさんのほうがスピードが高いから、コーナリング中にタイヤカスがとれてしまうのかもしれませんね。私がレベルアップできていないからかな……。

--とはいえ、そうした問題を克服していくこともチャレンジですね。

塚本:そうですね。NOVELの渡辺さんからも、練習方法のアドバイスをいただいています。REVELさんも本当に良いサポートをしていただいていますので、次、頑張りたいですね。

--次のニュルの予定は?

塚本:規定周回数をクリアできたので、現在パーミッションAを申請しています。この結果に関わらず、10月6日のVLN第8戦に参戦させていただく予定になっています。

  ★   ★   ★   ★   ★   ★   ★
難攻不落のニュルブルクリンクの壁にあたっている塚本奈々美選手。24時間レース参戦に向けたライセンス取得条件もクリアしたということで、いよいよ来年6月のニュルブルクリンク24時間レース参戦が見えてきた。
モーターファンは引き続き塚本選手の挑戦を応援していきたい!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る