MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/14
  • MotorFan編集部

ジムニー人気に負けるな!元祖ジープにふたつの限定モデル

ジープ・レネゲードに「マットグリーン」と「セーフティ・エディション」誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加
FCAジャパンは、「Jeep Renegade(ジープ・レネゲード)」にシリーズ初となるマットグリーンのボディカラーを採用した限定車「Renegade Matte Green(マットグリーン)」と、「Jeep Renegade Longitude(ジープ・レネゲード・ロンジチュード)」の安全装備をさらに充実させた限定車「Renegade Safety Edition(セーフティ・エディション)」を設定し、9月15日(土)より全国のジープ正規ディーラーを通じて台数限定で販売を開始する。
精悍かつワイルドな印象のボディカラーが際立つマットグリーン。限定販売台数100台
上級グレードの安全装備をてんこ盛りにしたセーフティ・エディション。限定販売台数200台

イエティやスパイダーのワンポイントデザインも楽しいマットグリーン

 都市部でも扱いやすいコンパクトなボディに、ジープならではのオフロード性能を搭載したスモールSUV「レネゲード」。この限定車「マットグリーン」は、シリーズ中でも高い悪路走行性能をもつ4×4モデル「トレイルホーク」をベースに、限定車専用色となるマットグリーンのボディカラーを採用。ボディカラーで都会的でかつ冒険心を掻き立てるレネゲードの世界観を表現し、随所に付されるイエティやWillys、スパイダーのワンポイントデザインが遊び心をアピールしている。

 また、レネゲード・マットグリーンは、通常はオプションの地上デジタルテレビチューナーを特別装備しており、ベースモデルに標準搭載される8.4インチモニターを通じて、地上波デジタル放送(12セグ/ワンセグ)を車内で楽しむことができる。

セーフティ・エディションは前面衝突警報&ブレーキアシスト、斜線逸脱警報など安全装備が充実

 一方、セーフティ・エディションは、上級グレード「リミテッド」に装着されている安全装備の多くを搭載したモデル。車線から逸脱しそうになった際、警告ランプと振動によりドライバーに注意を促すLaneSense車線逸脱警報プラスや、前方の車両に急接近した際に、ドライバーに対する警告とともにブレーキアシストするクラッシュミティゲーション付前面衝突警報、周囲が暗くなると自動でライトを点灯するオートヘッドライト、雨量感知機能ワイパーを特別装備し、さらなる「安心」を提供する。

 外装色には、際立つデザインのレネゲードに似合うカラフルな4色を設定。ソーラーイエローは、これまでベースモデルのロンジチュードに設定の無かった限定モデル専用のボディカラー。

 これらの安全装備を搭載しながらも、価格はベースモデルと比較して11万円高の、310万円としており、お買い得感溢れる限定車となっている。

【ジープ・レネゲード・マットグリーン】
販売台数:       限定100台
ボディカラー:     マットグリーン(内装ブラック)
特別装備:       地上デジタルTVチューナー
パワートレイン:    直列4気筒マルチエア16バルブ
排気量:        2359cc 
燃費(JC08モード):  10.4km/ℓ
最高出力:       129kW(175ps)/6400rpm [ECE]
最大トルク:      230Nm(23.5kgm)/3900 rpm [ECE]
トランスミッション:  電子制御式9速オートマチック
駆動方式:       4輪駆動(オンデマンド方式)
ハンドル位置:     右
メーカー希望小売価格: 376万円(税抜348万1482円)

【ジープ・レネゲード・セーフティエディション】
販売台数:       限定200台
ボディカラー:     アルパインホワイトC/C〔内装ブラック〕(80台)
            アンヴィルC/C〔内装ブラック〕(80台)
            オハマオレンジC/C〔内装ブラック〕(20台)
            ソーラーイエローC/C〔内装ブラック〕(20台)
特別装備:       LaneSense車線逸脱警報プラス
            前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)
            オートヘッドライト
            雨量感知機能ワイパー
パワートレイン:    直列4気筒マルチエア16バルブインタークーラー付ターボ
排気量:        1368cc
燃費(JC08モード):  15.5km/ℓ
最高出力:       103kW(140ps)/5000 rpm [ECE]
最大トルク:      230Nm(23.5kgm)/1750 rpm [ECE]
トランスミッション:  6速乾式デュアルクラッチオートマチック
駆動方式:       前2輪駆動
ハンドル位置:     右
メーカー希望小売価格: 310万円(税抜287万371円)

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る