MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. レクサス|LEXUS
  4. RC

レクサスRCvsBMW435iクーペ トランク比較 レクサスRCとBMW435iクーペ。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?[1/2]

  • 2018/09/18
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
レクサスRC350 "Fスポーツ"

優雅なスタイリングと走行フィールが魅力の2ドアクーペ。欧州車では一般的なボディタイプだが、国産車では徐々に数を減らしていった。その主な理由に実用性が挙げられるが、果たして本当のところは? レクサス・RCとBMW・4シリーズのパッケージや荷室を比較してみた。

BMW465iクーペ Mスポーツ

 2014年10月に発売されたレクサス・RCは、2010年に販売を終えたSC以来の2ドアクーペとして話題を呼んだ。レクサスでお馴染みのスピンドルグリルをはじめ、一体感を生む低いドライビングポジションのクーペ専用パッケージを内包する。パワートレーンは2.0L直4ターボ、2.5Lハイブリッド、3.5L V6を用意。477psを誇る5.0L V8を搭載する高性能版のRC Fも販売している。

 一方のBMW・4シリーズは、3シリーズがベースの2ドアクーペだ。以前は3シリーズクーペを名乗っていたが、13年に登場した現行モデルから「4」の数字が与えられた。3シリーズと異なり、パワートレーンはガソリンエンジンのみで2.0L 直4ターボと3.0L 直6ターボが用意される。なお、BMW M社が手掛ける高性能版M4クーペには3.0L 直6ツインターボ(431ps/56.1kgm)が搭載され、6速MTも選べる。
 
 まずは、全体のサイズ比較から。

レクサスRC 全長×全幅×全高:4695×1840×1395mm ホイールベース:2730mm

FRクーペらしいフォルムの中に、ひと目でレクサスと分かるエッジの効いた個性を放っている。特に「Fスポーツ」はメッシュパターンの専用グリルを備え、スポーティな見た目に磨きがかかる。ドライビングポジションの最適化と俊敏な回頭性の実現のために、ライバルの435iクーペに対して80mmも短い2730mmのショートホイールベースを採用する。

レクサスRC350 "Fスポーツ"
全長×全幅×全高:4695×1840×1395mm
ホイールベース:2730mm
車重:1700kg
エンジン:V型6気筒DOHC
最高出力:318ps(234kW)/6400rpm
最大トルク:380Nm(38.7kgm)/4800rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:FR
最小回転半径:5.0m
JC08モード燃費:9.8km/ℓ
車両本体価格:678万円

BMW435iクーペ 全長×全幅×全高:4670×1825×1375mm ホイールベース:2810mm

全長はRCより短い反面、ホイールベースは2810mmと長い。写真を見比べると435iのほうがフロントオーバーハングが短いことが分かり、タイヤをできるだけ四隅に張り出させたスポーティなスタンスが際立っている。さらに撮影車の「Mスポーツ」の場合は、専用エアロパーツやの桟数が少ないワイドキドニーグリルを構えることで、さらに戦闘的なルックスを持つ。

BMW435iクーペ Mスポーツ
全長×全幅×全高:4670×1825×1375mm
ホイールベース:2810mm
車重:1620kg
エンジン:直列6気筒DOHCターボ
最高出力:40.8ps(225kW)/5900rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1200-5000rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:FR
最小回転半径:5.4m
JC08モード燃費:12.7km/ℓ
車両本体価格:797万円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

レクサスRC350 "Fスポーツ"

先進の電子デバイスとアナログ時計が自然と溶け込む。レクサス流のクールさに満ちた内装を実現。4.0ℓの容量を持つセンターコンソールボックスや二本分のカップホルダーなど、クーペとして必要十分の収納類も備わってくる。「Fスポーツ」はマルチディスプレイを表示させるとメーターリングがスライドするユニークな専用メーターを備える。
後席にはクーペとして納得できるスペースを確保。約100mmのニークリアランスがあり、シートサイズも大きめなので長時間ドライブでも十分対応できる。
「Fスポーツ」には独自の縫製により革の張りを強めた専用スポーツシートを装備。内装色はシリーズ全体で合計5色が設定されて、選択肢が豊富。

BMW435i Mスポーツ

左右比対称デザインのセンターコンソールをドライバー側にチルトさせることで、ドライバーオリエンテッドな空間を演出。着座位置もBMW伝統のローポジションを保ち、その前進からスポーティムードが醸し出される。メーターは一見するとシンプルなアナログ計だけに見えて、実は中央部にカラー液晶パネルを備え、豊富な機能表示に対応する。
ニークライアンスは約140mmで、RC以上にゆとりがある。大きめのサイドウィンドウで閉塞感も軽減。シートは座面サイド部が大きく盛り上がっている。
「Mスポーツ」はサイドサポートの幅を電動で調整できる機能も備えたスポーツシートを装備。カラーも各デザインラインに応じて豊富に用意されている。

おすすめのバックナンバー

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ