MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/20
  • MotorFan編集部

今のホンダ車で最上のハンドリング! クラリティPHEVのシャシーをじっくり研究

まるで、フライングカーペットライド。Honda CLARITY PHEV Impression

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年7月20日に販売が開始されたクラリティPHEV。発電を主に担当する1.5L直4エンジンと駆動用モーターを搭載している。クラリティシリーズで初のリース販売ではない一般販売という形態を取るモデルだ。
ホンダの他車との共用を考えることなく、燃料電池車、EV、PHEVのクラリティ3モデルのためだけに用意されたプラットフォームには独自の制約もあった。それを逆手に取り、ハンドリングを磨き上げることに成功したシャシー周りのコンセプトを見る。

 電動パワートレーンを搭載したホンダのクリーンカー「クラリティ」シリーズは燃料電池車、PHEV、アメリカ市場に投入されているEVの3モデルが共通のプラットフォームを使う。水素タンクや複雑な電気系を守るために、フロントからリヤまで一直線に伸びるストレートフレームが特徴で、基本骨格はこのクラリティシリーズ専用という、現在の量産乗用車としては非常に贅沢な仕様となっている。

床下に搭載されるリチウムイオン電池などを保護するための太いフレームが特徴。

 大容量の駆動用バッテリーを積むために、車両重量もPHEVで1850kgと重い。そこで開発陣はハンドリングに関して「ネガティブをポジティブに」というコンセプトを掲げた。重量物のバッテリーは可能な限り低くレイアウトすることで車両の重心高を下げることにも利用。強化されたボディはサスペンションの支持剛性を高めるためにも有効に利用する設計としたのだ。



上の図版で青で示した部品がアルミ鍛造製となっている。

 ハンドリングのイメージは「フライングカーペットライド」を狙ったという。車体の姿勢変化が少ない、ドライバーと一体感ある乗り味だ。まず前後のサスペンションはクラリティ専用に新開発されたもので、形式こそフロントがストラット、リヤがマルチリンクという他車でも見られるタイプだが、各部の軽量化を重視し贅沢な構成としている。フロントのロワアームとタイロッド、リヤのすべてのアームをアルミ鍛造製とし、大幅な軽量化を実現。リヤは独特の長いアーム配置により高い支持剛性と、穏やかなアライメント変化も得た。


自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る