MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/23
  • G-WORKS編集部

カワサキ 空冷Zと水冷Z Z1の価値と水冷Zの性能

Z1の進化版、Zの水冷エンジン初期型Ninjaの性能

このエントリーをはてなブックマークに追加
今回はKAWASAKI空冷Zではなく、GPZ900RNinjaの楽しさについて考えてみました!
時代の流れで名機とされた空冷エンジンは、水冷化された…空冷エンジンZ1の実質的な後継モデルとなるのがGPZ900RNinja。その両車をフツウのノーマルでは無く今回、美藤コンプリートマシンに比較試乗。果たして水冷化は何が変わったのか? Z1ともに乗り比べだ!!

G-ワークスバイクは季刊誌、3月、6月、9月、12月の末日に発売しています♪

 空冷Zの楽しさをとことん追求し、オーナー車輌やチューナーが製作したZ系バイクなどを中心に紹介しているG-ワークスバイク。レーシングサプライヤーとして超有名な美藤定社長が製作する、BITO R&Dコンプリートモデルを毎号試乗インプレッションしているコーナーもお馴染みになってきましたが、今回は美藤コンプリートモデルのZ1とその後継車種とも言えるGPZ900RNinjaコンプリートモデルの比較を行いました。
 乗り比べると明らかに滑らかになった水冷エンジン。エンジンは両車ともチューニングされていて排気量で言うとZ1は1045ccに、GPZ900RNinjaはGPZ1000RXのクランクとコスワース鍛造ピストンにより1080ccになっている。排気量も大きくスペック的にも有利なはずのNinja、果たしてZ1と比べどのような乗り味を示すか?
詳しくは2018年9月29日発売のG-ワークスバイクVol.12 Autumnにて!!

自動車業界の最新情報をお届けします!

関連キーワード

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る