MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/25
  • 遠藤正賢

国産Cセグハッチ比較試乗…総合力のカローラスポーツ、速さのシビックハッチバック、安さのインプレッサスポーツ

3車ともシャシー性能は高くハンドリングと乗り心地は甲乙付けがたい

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ・カローラハッチバック
昨年9月のホンダ・シビック国内復活、そして今年6月のトヨタ・オーリス改め新型カローラスポーツの登場で、にわかに活況を呈している国産Cセグメントハッチバック。この2台に、発売から2年が経過した今なお国産登録車トップ20にランクインし続けているスバル・インプレッサスポーツを加え、各車の上級グレード・AT車を、市街地と高速道路を中心に比較試乗した。

PHOTO&REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)

 まずはボディサイズの比較から。

トヨタ・カローラスポーツハイブリッドG“Z”(FF) 全長×全幅×全高:4375×1790×1460mm ホイールベース:2640mm トレッド前/後:1530/1530mm 最低地上高:135mm

ホンダ・シビックハッチバック(FF) 全長×全幅×全高:4520×1800×1435mm ホイールベース:2700mm トレッド前/後:1535/1555mm 最低地上高:135mm

スバル・インプレッサスポーツ2.0i-Sアイサイト(4WD) 全長×全幅×全高:4460×1775×1480mm ホイールベース:2670mm トレッド前/後:1540/1545mm 最低地上高:130mm

 こうして数値を並べると見た目通り、シビックのサイズがいかに大きく、かつ運動性能重視のプロポーションをしているかがよく分かる。カローラ(オーリス)とインプレッサも代を追うごとに長く広くなっているが、それでも5ドアハッチバックらしいスタイルを堅持しているのに対し、シビックのそれは最早5ドアセダン、いやクーペと言っていい。

トヨタ・カローラスポーツのリヤシート
ホンダ・シビックハッチバックのリヤシート

スバル・インプレッサスポーツのリヤシート

 そうしたプロポーションの違いは、後席や荷室の広さと少なからず密接に結び付いている。

 身長176cm・座高90cmの筆者が運転席をベストポジションに合わせた状態で、後席のニークリアランスはカローラ→インプレッサ→シビック(12→20→25cm)と、全長・ホイールベースが長い順に広い。

トヨタ・カローラスポーツのサイドビュー
ホンダ・シビックハッチバックのサイドビュー
スバル・インプレッサスポーツのサイドビュー

 ヘッドクリアランスは、最も背の低いシビックが最も少なく、後頭部と側頭部が当たるのは順当と言えるが、最も全高が高いインプレッサは後方の絞り込みが強い影響を受け、後頭部・側頭部とも5cm弱の隙間しかない。その点カローラスポーツは意外にも後方が平坦かつスクエアなため、各10cm弱の余裕が残されていた。

 なお、運転席から斜め後方の視界は、Cピラーの太さとリヤドアウィンドウの大きさ、リヤクォーターウィンドウの有無・大小がダイレクトに影響を及ぼしており、カローラが最も狭く、次にシビック、最も良好なのはインプレッサだった。

トヨタ・カローラスポーツのラゲッジルーム
ホンダ・シビックハッチバックのラゲッジルーム

スバル・インプレッサスポーツのラゲッジルーム

 荷室容積は、カローラが352Lと最も狭く、次いでインプレッサが385L、シビックは420Lと最も広い。こちらは全長の違いが如実に反映された結果と言ってよい。なお、シビックはトノカバーの代わりに、左右どちらからでも引き出し・巻き取りできる「横引きカーゴエリアカバー」を標準装備しており、未使用時に邪魔にならず、スマートに収納できるのは特筆すべきことだろう。

 カローラはハードタイプの「パッケージトレイトリム」を全車標準装備し、フロアの高さを2段階に調節できる「アジャスタブルデッキボード」をFF車にメーカーオプション設定(試乗車に装着)。インプレッサはソフトタイプの「トノカバー」を全車ディーラーオプション設定している(試乗車には未装着)。

トヨタ・カローラスポーツの運転席まわり
ホンダ・シビックハッチバックの運転席まわり
スバル・インプレッサスポーツの運転席まわり

 運転席に目を移すと、Aピラーがカローラ→シビック→インプレッサの順に太いことを除けば、視界と室内空間の広さは五十歩百歩。カローラはインパネ最上部のディスプレイ、インプレッサはガラス最上部のアイサイト用ステレオカメラが、シビックは単純に全高が低いことが、深く寝かせられたAピラーと相まって、視界と室内空間を圧迫している。

 一方でデザインと質感は、端的に言えばエクステリアと同じ傾向。シビックはデザインも素材もオモチャっぽく、インプレッサは個々の部位の質感は高くデザインも全体的にはスマートだが、煩雑な構成要素がそれらを台無しにしている。そしてカローラスポーツは、デザインは前衛的ながら無駄なくまとめられており、何より見た目の質感が際立って高い。

 こうした差は、それぞれのディーラーに行くか行かないか、あるいは買うか買わないかを分ける決定的な要因となり得るほど大きい、と言っても過言ではない。

トヨタ・カローラスポーツのフロントシート
ホンダ・シビックハッチバックのフロントシート

スバル・インプレッサスポーツのフロントシート

 フロントシートもカローラが一歩抜きん出ており、単純に絶対的なサイズとサイドサポートが大きいだけではなく全身のフィット感も良好。シビックは幅方向に小ぶりなうえ座面前端の落とし込みが大きく、かつショルダーサポートがない。インプレッサは座面および背もたれ中央部が平板なためフィット感が悪い点が気になった。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る