MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/27
  • ニューモデル速報

シトロエン「C4ピカソ」が「C4スペースツアラー」に改名! Apple CarPlayに対応

CITROËN GRAND C4 SPACETOURER

このエントリーをはてなブックマークに追加
「C4ピカソ」の名で長らく親しまれてきたシトロエンの代表的ミニバンが、
新たに「C4スペースツアラー」と名を変えることになった。
合わせてApple社の「CarPlay」にも対応。
その魅力に磨きをかけての再登場である。

ピカソの名にさようなら

 すでにヨーロッパ市場などでは改名がすんでいたが、このほど日本市場においてもシトロエンの「C4ピカソ」が「C4スペースツアラー」にネーミングを変更することになった。現在、日本においては5名乗り仕様はラインナップされていないため、7名乗り仕様の「グランドC4スペースツアラー(GRAND C4 SPACETOURER)」のみの再登場となる。

 シトロエンは欧州市場において「スペースツアラー」をミニバンを意味するネーミングとして他モデルにも採用しており、今回の改名はその法則をC4ピカソにも適用したことになる。すでに海外の多くの市場において「C4ピカソ」から「C4スペースツアラー」に変更されており、日本市場もそれに追従した形だ。

 今回のネーミング変更に合わせ、インフォテインメントの刷新の一環としてApple社の「CarPlay」にも対応を開始。名前だけでなく、しっかり商品力も向上させての年次改良となった。

新型グランドC4スペースツアラーはApple社の「CarPlay」に対応。iPhoneの主な機能をモニター上で操作することができる。

 ラインナップは最高出力165psと最大トルク240Nmを発生する1.6Lガソリンターボを搭載する「グランドC4スペースツアラー SHINE」と、150psと370Nmを発生する2.0Lディーゼルターボを搭載する「グランドC4スペースツアラー SHINE BlueHDi」の二本立て。価格は前者が355万円、後者が380万円となる。


自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る